ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2024年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
ウィー・アー・ザ・カルガモーズ!
2014年03月29日

昨日の仙波清彦&カルガモーズ@晴れ豆は凄かった!
カルガモの大黒柱バカボン鈴木氏欠席に対して大博打大代打で、ベース・タナリューこと棚田竜太参戦。
なんだか強力だった!

まぁ、タナリューとも長い付き合いで、数々のライブを共にしてきたが。
カルガモーズも9周年と、なかなかの歴史。
そんな私の過去と現在が交錯し融合する、興奮の一夜であったな。

先月のカルガモーズ@銀座ヤマハ。
これ、私の中でカルガモーズの一つの到達点というかさ。
今まで培ってきたものが全て融合する、ジェントルかつパブリックなライブという印象だった。
そして昨日のカルガモーズ@晴れ豆。
こいつは、悪いライブだったんだぜぇ!
と~ってもバッドな集団。

まぁ、例えるなら。
銀座ヤマハカルガモが越乃寒梅だったら、今回の晴れ豆カルガモはテキーラだな。

バカボンさんとのリズム隊は、マフィアになった気になるが。
タナリューとのリズム隊は、ヤンキー気分。
似て非なるカルガモーズ。私にとってもどちらも真なりさ!

昨日のライブはさ。
カルガモーズのジロキチでの初ライブの事とかちょっと思い出したよ。
もう、9年前になるのか。

皆の音が入った時の快感。
全員野球な攻め気テンション。
それを、あの手この手で大胆に縦横無尽に切り盛りする仙波師匠。
尋常じゃないダイナミックス。
そんなカルガモーズでいつも起きてることが、一々新鮮な感覚で突き刺さった。

いやはや興奮した!
カルガモーズ万歳万歳!


激烈なライブとは裏腹に、なんだかファンシーな看板。


今回のカルガモーズリズム隊、若干ロボ化。


今回見せ場たっぷりだった、雄叫び大将福岡ユタカ氏と。

box_f