ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2024年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
ヒデヲの間の4った!
2014年06月22日

とういわけで。
大西英雄一人ライブ第4弾「ヒデヲの間の4」@西荻窪クラップクラップ。
無事終了したよ!

もう、私がやりたいことだけをやるライブ。
今回、しかもなんだかやりたいことが膨大になっちゃって、かなりのロングタイムライブになってしまったが。
こんなとても私的ライブに、沢山のお客さんが集まってくれて。
しかも、暖かく最後まで見届けてくれるのは、ホントに有難いかぎり。

なんで、ドラム一人っきりなんていうアヴァンギャルドでシュールなことをやってんですか?って良く人に言われる。
そういう時、いっつも思う。
ピアニスト、ボーカリスト、ギタリストとかはいいよな、って。
ソロ活動してもシュールって思われないからね。

弾き語りでソロライブしてる人と、きっとほとんど気持ちは一緒でさ。
別に尖ったことをやりたいわけではなくて。
自分の中にある世界観を、一人っきりで表現したくなる時があるんだよね。
心の奥底にある風景を、自分の楽器で奏でたくなる時や。
ちょっとした面白アイデアを披露したくなる時がある。

そういうのを寄せ集めた、自分100%のライブが「ヒデヲの間」なんだ。

ステージに上がってほとんど緊張することのない私だけど。
「ヒデヲの間」の時はちょっと緊張する。
演奏することよりも、私の面白アイデアがちゃんと伝わるかどうか、ってことがドキドキする。

でも、このドキドキがタマランのよ。
このステージの責任は、100%私。
誰にも言い訳できないライブって、なんともスリリングで、とても興奮する。

昨日のライブもとっても楽しかった。
一喜一憂、一音一音が楽しかった、
まだまだ、ライブとしては発展途上な「ヒデヲの間」だけどさ。
昨日の私にできる事は全部やりきったよ。
全く悔いはない!
こういう感覚って、ホントに充実するね。

また色々面白い事を考えてさ、 あれこれ試行錯誤して。
また、次回につなげるよ。
思いっきり真剣に下らないことをやりたいね。
きっとやるよ、「ヒデヲの間の5」
その時、またよろしくね。

つくづく。
こんな私個人的な挑戦に対して。
それを披露できる場があることとさ。
そして、暖かく見届けてくれるお客さんがいること。
それが、つくづく幸せなことだと感じる今日この頃。
つくづく、ありがとう!

例外もあったが、まあまあその通りに演奏したセットリスト。

box_f