ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
今年も凄いぞ!越谷アサイラム2018!
2018年04月24日

熱くサイコーな街フェス「越谷アサイラム2018」に参戦してきたよ。
今年で3年目、毎年モノラルゾンビで出演させてもらい嬉しいかぎりだ!

年を追うごとに、越谷アサイラムはスゴイという噂がたってるのか、今年は沢山人がいたね~。
そして、参加したバンド数も凄い!もう多すぎて数えられん。

 

この大量なバンド群が、越谷の街のそこかしこで音を奏でる。
ライブハウスは勿論、駅前、駐車場、ビリヤード場、スタジオ、会議場、そして葬儀場!
街は、音楽とアートとお酒と美味しい食べ物で溢れる。
まさに街フェスだね!

というわけで、そんなサイコー過ぎる街フェス、越谷アサイラムをふり返ってみるよ!

 

まずは、Monoral Zombie。
会場は、なんと葬儀場セレモニー2F。
以前からアサイラムでは葬儀場が演奏会場になっていたんだが、こっそり非常に羨ましかった!
なので、今年はあこがれのセレモニーに参上なのだ!

(※写真はお客さんやタイバン撮影を拝借)

 

モノラルゾンビ、葬儀場にて神聖に爆裂の巻!
スペースバーとのダブルツアー後のキレ味+アサイラムのハッピー空気感×葬儀場。
何ともいえない化学反応が起き、とても楽しすぎるライブであったよ!

つくづく、沢山のステージの中からモノラルゾンビのライブを選んで見に来てくれた方々ありがとう!
そんな素晴しいセンスのお客さん達なのに、
祭壇側にいた我々から見ると、とても青白くゾンビ化してたのが、またステキであった!

 

せっかくのフェス。
お気に入りミュージシャンのライブに参戦し、コラボを敢行するのもこれまた醍醐味!
今回は、大好きなバンドarahabakiのギターボーカル・yujiyokoyamaのもとへ。

横山君の人となりをそのまま表した様な、透きとおってるのに熱いサウンド。
この二人ライブ、抜群に楽しかった!
初演の緊張感と、初演だからこその陶酔感。
スーンと扉が開かれた感じだよ。何かがありそうだ!
また、やろうね!

 

さーてさて。
そんな今年のアサイラム。
せっかくの音の祭典。色んな音を聴かなきゃ損損!
ゾンビライブ、横山コラボライブの時間をぬって、むさぼるように音を聞いたよ。
途中まで、酒飲んだり飯食ったりするのを忘れるくらい夢中になってた!

まぁ、
絶対朝から行こうと思ったのに寝坊したのが、バカ過ぎたけど。。。
(前日夜中に突然やってた、スターシップトゥルーパーズがいけない)

というわけで、
2018越谷アサイラムヒデヲコース。

切腹ピストルズ(一瞬浴びた)→大谷貴広(ちょい見)→なかじまあい(1曲見ナイス)
→Monoral Zombie(本人)→テコの原理(冠婚葬祭)→うつみようこ(惚れちゃう)→yujiyokoyama(私参戦)→松崎ナオ(結局鹿)→羊歯大明神(祭りだ)
→ドブロク(打上げ)→タテタカコ(〆)

みんなイイ音だしてたなぁ。

 

炎天下のハイトーンボイス大谷さんのライブ中に、写真を撮る松崎ナオ。
新生鹿の一族のライブも素晴しかったな!
鹿島さんのベースの生音がなんともセクシーであった。

 

アサイラム実行委員(っていうのかな)でもある、なかじまあいのステージ。
ここは、ホントに暑かっただろーなぁ。一曲しかきけなかったけど、とーても良かった!
また一緒に電気グルーヴを見に行こう!

 

モノラルゾンビと同じく葬儀場でライブしたテコの原理。
葬儀場でのライブがハマり過ぎ!どこまでが生きてる人なのか、その境目も定かじゃない!
今回だけ、メンバーが一人増えてるとか、おおいにありそうなライブであった!

 

私的に、これを見ないとアサイラムじゃない。
遠藤ミチロウ率いる羊歯大明神、登場!!今回も、やっぱりサイコーだぜ!
お祭り的バンドじゃなく、まさにお祭りバンド。わっしょいわっしょい!

 

今月頭にドブロク×モノラルゾンビのツーマンをやって、すっかり同士な気持ちのドブロク。
彼らの音は、どこまでも届くよ。どーーーーんとね!
ドブロクの調べにのせて、私は、すっかり打上げ気分!

 

 

さてさて。
イージーゴーイングスの信頼すべきバカ番長、らぁめん隊長が発起人の越谷アサイラム。
彼の熱い魂を継承するが如く、沢山の有志が集まり、壮大な街フェスが開催されている。
ひとりひとりの手により、一つ一つが作られてると思うと、そこに参加できるのは、ホントに光栄な事だ。

バンドマンに何ができるって訳でもないけど。
それぞれのバンドが、この越谷アサイラムはすげーんだぜ!って音を出すと、街全体が熱く高揚してく気がするよ。
この日は、街が熱かった。街が笑ってた。街が我々をつつんでた!

そんな素晴らしい空間にいることを誇りに思い。
誠心誠意音を出し、熱い音を聞き逃さぬよう真剣に音を聴きまくった。
ちょうどタテタカコさんを聴き終わったところで、完全フィニッシュ。
私のエネルギーも完全に尽き、悔いもなし!

打上げは皆にお任せし、余韻にひたりながらホワーンと越谷を後にしたよ。

アサイラムサイコーだぜ!アサイラムバンザイ!アサイラムおめでとう!

box_f