ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
大西英雄「ヒデヲの間」レコ発新松戸編った!
2021年01月18日


昨日は、大西英雄「ヒデヲの間」レコ発新松戸編 であった。

昨年1月に発売したこのソロアルバム。
昨年4月に新松戸ファイヤーバードでレコ発を企画してもらうも、緊急事態宣言真っ只中。
仕切り直して、今年の1月に企画してもらうもまたも緊急事態宣言。
しかし、20時まで完パケのイベントにし、対策万全に開催することとなった。

果たして開催が正解なのか当日、イベントが始まるまで不安でいっぱいであったが。
蓋をあけてみると、なんてハッピーで楽しくサイコーな夜であったか!!
こんな時期に集まってくれた皆さま、そして熱く暖かい演奏をしてくれたタイバンの皆さまには感謝でしかない。
ありがとー!

 

昨年も何度もやり取りはしていたけど、実際会うのはとても久しぶり。
アルバム「ヒデヲの間」のジャケを描いてくれた、なかがわ寛奈さんのライブペインティングと共に。

 

久々の二人体制でのヒデヲの間。
レコ発なのを良いことに、とてもたっぷりのびのびとやらせてもらったよ。
タイバンの皆から貰ったものがあまりに熱く優しくて、ついつい話が長くなってしまうねぇ。
新松戸初演(GOTTA入れると二回目の説もある)のヒデヲの間、楽しかったねぇ!!
お客さんのノリも素晴らしくてありがたし~!

 

 

なかがわ寛奈さんが即興で描いた絵。
漫画的だったり抽象的だったり感覚的だったりするけど、
ジャケを通して一つの作品を作っているので信頼が熱い!

富士山を6つ描いたのにはびっくり!
そして、ラストの「スペインの村」は私も絵からの影響を受けて、まだ見ぬ音を出せたよ!

 

 

 

 

昨日のイベントは、タイバンの皆さまがホントに素晴らしくて!
脳内麻薬出せる自立した人達が、全員の「間」をおおいに発揮!
新松戸から脳内世界旅行であった!

1.カジハラタカシ
ソロパフォーマンスを初めて拝見。
一番手、まだ14時にしてこのステキな声が聞けちゃう贅沢。
音の世界の広さが気持ち良し!
早くもトリがヒデヲの間なことがとても申し訳ない気持ちに…。

2.シュウジゲンノウズ
待ってました、レコ発に最も頼りになる男。
今回もさらにさらにサイコーであった!
裸一貫熱い魂の奥底にある大いなる優しさにいつも感動してしまう!

3.最鋭輝
ナイスムード!!
紙テープやらコールやらお客さんは大忙し!
ラストに差し替えで歌った曲が染みたなぁ。

4.燐-Lin-
MUSIC×ARTのイベントは、絵とドラムで何度も一緒に演奏した燐ちゃん。
プラネタリウムとのツーピースバンド(意味不明)のライブ、とても良かった!
ラストのビヨンドで、裏から照らされた赤い光が絶妙に明るい未来を提示してたよ!

5.櫂×ツチヤヒトミ
ちなみに、櫂はけやきではありません。
このバンドのサウンドは以前からとてもツボであったが。
ステージに投射するスタイルのツチヤヒトミのライブペインティングで映画のようなライブ!

こんな素敵な面々を集めてくれた新松戸ファイヤーバード、やっぱ誇らしく凄いぜい!

 

この日のイベントは完全に全員野球だった。
良いイベントの時ってさ、バンド同士の音は対抗したりしないんだよなぁ。
抗ったり戦ったりせず、お互いがお互いに音をパスしあって、皆でゴールするような感覚がある。

相手の歌を聞いて、曲を差し替えたり。
相手の音を聞いて、演奏の仕方が変わったり。
相手の色を見て、自分の色が変わったり。

そういう相乗効果が、思いもよらぬゴールにたどり着くわけで。
トリで演奏したヒデヲの間、大西英雄×なかがわ寛奈。
皆から貰った音と色で、さらなる深い境地でパフォーマンスすることができた。
しかも、そこに皆の笑顔があって終始楽しい時間が流れてたよ!

そして、ヒデヲの間というとてつもなくシュールなレコ発だったのに。
最後に出演者全員で写真を撮りたくなるような、まさかのとてもハートウォーミングな日になった!

これって、
イベントとして一番サイコーなヤツだろ!

いやー楽しかった!
家帰ってからのビールの旨かったことよ。
みんなありがとー!

box_f