2016年11月
box_h
2016年11月27日

なんだかモウレツに忙しかった夏から秋。
激烈イベント「キリングフロアー」をサイコーに乗り切り、自分ご褒美デイズ。

ホントに今さらだが、やっとやっと観たよ。
待望の「シン・ゴジラ」!!
映画館で観れて良かった!
これは面白い!

色んな感情が湧きながらも、メラメラと興奮したよ。
確かに、何度も見たくなる映画だ。
もう、また観たい!

最近、映画レビューをちゃんと書く時間がないなぁ。
ま、イラストだけでも…。

映画「シン・ゴジラ」
点数:95点
勘所:まずはミーティング
教訓:ニホンを大切にね!

今までの映画ザ・レビューはコチラ→http://www.hideodrum.com/hideonoma/category/review

 

さてさて。
もう一つのご褒美。

実に17年ぶり!?
ついに出たんよ、スティングのロックアルバムが!

 

ジャケデザインがダサいけど、そんなこと、いいじゃないか!
やっとスティングがロックを歌ってくれたんだからさ。

タイトル「57th&9th」がダサいけど、気にするな!
邦題「ニューヨーク9番街57丁目」がもっとダサいけど、気にするな!
超冒頓なドストレート捻り無し8ビートの曲ばっかしだけど、気にするな!
勢いの無いポリスみないな感じだけど、気にするな!
一曲目のAメロ入る手前の「ボンボン」ってブレイクがダサすぎるけど、気にするな!

(ちなみに、結構褒めてます)

スティングが民族音楽みたいなんとか、教会音楽みたいなんのやらずに、ロックバンドで歌ってくれるだけでありがたし。
ダサさを噛みしめてつつCDを何度か聞いてるうちに、なんだかとっても幸せな気持ちになるのです。
あの時のスティングを思いながら、じっくり聞きほれるのです。
はてさて、いつの間にやらヘビーローテーション。

そして。
あ~ら不思議。
なんてことでしょう。
すでに、結構、このアルバム好きになっております。

(かなり褒めてます)

 
さて。
ってな感じで、
スティング最新アルバムと戯れておるうちに、急に見たくなったこのDVD。

STING「ブリング・オン・ザ・ナイト」

ポリスが解散(活動休止だったっけ?)して、スティングがソロ活動になる時。
まさにスティングがソロとして始動する瞬間を捉えたドキュメンタリー映画。
初顔合わせリハーサルからファーストライブまで。
これぞスティングバンド誕生の瞬間だ!

やっぱカッケーな。
ブランフォード・マルサリス、ケニー・カークランド、ダリル・ジョーンズ 、オマー・ハキム と一緒にロックバンドをやろうって発想自体がすでにキレてるよ。
スティングいなかったとしても、彼らのライブは見に行くだろってくらいの豪華メンバーだもんな。
ケニーカークランドが死んじゃう直前にスティングバンドに復活したライブを観れたのは、私の宝モンだなぁ、とか思いだしたりしてさ。

すげー昔にかったDVDだけど。
特典で、7曲くらいのライブ演奏をノーカットで観れるのが今さら判明!
今さら、大興奮。ヤバかった!

そんな、
スティングの一番発端と一番最近を噛みしめる贅沢な時間を十分味わい充実。

よし、それでは、ポリスまでさかのぼりますかね。

box_f
box_h
2016年11月25日

大きな100円ショップに行くと、ホントに意味の無いのものをついつい買ってしまうね。
今回は、黄色モノを3点…。

さて、話し変わりまして。

来週の火曜、再来週の火曜。
なんだか私の縁で集まったメンバーのライブが2週続くんだよね。
まずは、11/29。
初・下北沢ラウンで気心知れたメンバーとのんびり激しくライブね。
メンバー→大西英雄、キナコ(ギターボーカル)、和田直樹(ギター)、早川徹(ベース)

下北沢ラウンのマスターが、昔スウィングバンブースタジオってRECスタジオのオーナーだったんだが。
そのスタジオで私は数々のバンドのレコーディングをしてて。
そんなマスター吉田さんと、 なんとも久々に再会しどうしてもラウンでライブやりたくなって企画したライブ。
楽しみであーる。

下北沢ラウンとの出会いは、2016/3/16のヒデヲブログを参照のこと
↓↓
「BKKで続な荒野のラウンとサンダウン」

 

そして、12/6。
こちらは、 大好きなハコ西荻窪クラップクラップ。
ひょんなことはら、ギタリスト礒玲仁と再会し。
何でもなく音でも出してみるかって話になり。
スゴイ楽しかったから、ライブでもやってみるかってなったライブ。
メンバーはこちら→礒玲仁(gt) 早川徹(ba) 大西英雄 (dr)

なんとなく音でもだしてみた日のことは、2016/5/18のヒデヲブログ参照のこと
↓↓
「 贅沢リハーサル

 

こういう、ホントにちょっとした縁って、私はすごい好きで。
このさざ波のようなちょっとした縁をうまく手繰って波に乗ると、結構面白いことが待ってたりすることも多くてさ。
今回の縁は、果たしてどんな波になりますか、楽しみだねぇ。

あ、これも縁だが。
この2つのライブ、たまたま両方ともベースは早川徹。
モノラルゾンビのタナリューとは全く違ったタイプのベーシストだが、私は、早川君のベースのプレイをと~ても信頼してて。
彼と一緒だと、満ちっと充実したグルーヴにもなるし、どーんと深い世界に行けるし。
しかも、とってもドラムが叩きやすい!
2週連続のリズム隊、隠れ楽しみだなぁ!

是非、遊びに来てくださいな!

 


〇11月29日(火)
「ブルースロックとキナコラウンジの夕べ」 @下北沢ラウン
大西英雄(ドラム)、キナコ(ギターボーカル)、和田直樹(ギター)、早川徹(ベース)
19時半オープン 20時スタート 前売り2000円 当日2500円 +1ドリンク
※ワンマンライブでーす。
http://lown.jp/wp/?page_id=314

初参戦する下北沢ラウン。
ゆったりリラックススペースで熱いライブを!
和田直樹のブルースロックなオリジナルと、キナコちゃんの曲をどうぞ!

 

〇12月06日(火)
礒玲仁+早川徹+大西英雄@西荻窪クラップクラップ

『大西英雄3』
礒玲仁(gt) 早川徹(ba) 大西英雄 (dr)
¥2000+オーダー オープン19:00 スタート20:00
※ワンマンライブでーす。
http://www.clopclop.jp/

礒玲仁、早川徹、大西英雄、それぞれのオリジナル曲をトリオインストでたっぷりと。
面白ライブになりそーでーす!

box_f
box_h
2016年11月23日

 

20161118「KILLNG FLOOR」@新宿ワイルドサイドトウキョウ
大興奮大爆発大熱狂の中、無事終了だだだ!
モーレツに楽しかったし、何かが飛び出るほど興奮したな!
サイコーな夜だった!

Monoral Zombie、VERONICA VERONICO、ハルカカナタ。 (+ノイズカレー!!)
ただ3バンドが集まってフロアライブをやるってだけの企画なのに、なにか体の中から湧き出るものがあった。
音を出して人が集まる、これってきっと音楽の原点だよ。
まるで祭だな。御苑・村祭りだ。
皆が酒を飲み、浮世を忘れ踊り叫び無茶苦茶になってった!
こんなヤバい夜を共に過ごせた事に本当に感謝だよ。

 

と、いうわけで、
「キリングフロアーおもひで写真館」
をどうぞ!

音じゃなく写真で振り返るの、結構好きなんだよね。私。
かえって、その時の空気感や匂いや気配を思い出すんだよなぁ。

 


使い終わったバスドラムの皮にみんなでサインさ「KILLING FLOOR」

 

 
(左)キリングの守護神アマノ、申し訳なさそうにサイン中。  (右)ハルカナホシ、遠い笑顔です。

 

 
(左)キリングフロア名物?ザ・階段、制作中。  (右)廊下に追いやられたドラム缶が、なんだかカッコ良い。

 


ベロニカリハ中にノイズカレーの照明チェック。
まるでコラボでもしてるかのような、ある意味レア写真。

 
(左)フライヤーをいっぱい貼ると、とてもテンションがあがります。※注意!2017・3・30を空けておいてください!
(右)とても怖い、ノイズカレーのスタンバイ風景。


奥にあるドラム。

 

 
(左)キリング部屋の一隅 (右)マーシャル、たらい、灰皿、バット、スティック、あたま。


守護神、定位置である中二階へ。この役割を知ってたかのような赤いスニーカー。


オープニングアクトはステージで。ある意味一番パンクな男、ノイズカレー登場。
パフォーマンスのキレ具合とカレーの美味具合がとてもツンデレです。
せっかくなんで私はステージのソファー(アリーナ席)で鑑賞。

 
(左)食べれるノイズカレーと物販 (右)モニターに映し出される観客。

 


フロアライブ一番手、VERONICA VERONICO登場!
なんとモノラルゾンビのカバーまで飛び出す(これがまたカッチョ良い!)、ステキグリングリンステージ!

 
(左)奥のベロニカ。 (右)緑と黒の幻想グルーヴ。とても気持ち良いのだ!


キリングフロアーならではの構図。
ドラムを上から見れましたよ。
ドラマーとしては、色々バレちゃう嬉し恥ずかし丸裸セッティング。

 


2番手はハルカカナタ!静と動をブワーッと操る魂のステージ!耐えて燃えろ!

 
(左)奥で吠えるモモコさん (右)2階席とも言うステージに登り盛り上がるホシさんのネック。


この写真、何が何だか訳分からんが私は好き。
今回のハルカカナタのライブを象徴する一枚。
燃えたぜ!

 
(左)遊びに来たデニーロさくらい。上に鎮座する守護神アマノ、オーラがあり過ぎて顔が写らない。
(右)段々に座ってモノラルゾンビのライブを待つ人々。この見下ろされ感がなんとも。

 

 


そして、モノラルゾンビじゃ!やっぱフロアライブ楽しいのだ!興奮したぜ!


フロアでしかライブやらないイベントを企画しておきながら、ステージでライブやるゾンビの図。


今回のモノラルゾンビのセットリスト。踏まれた後がキリングフロアーの熱さを物語る!

 

 


余韻に浸りながら、ぐちゃぐちゃに自分達の時間を楽しむ打ち上げの図。
バンドも客も全部出し切ったね!

 

 

 
おまけ写真…。
(左)机と机の間で器用に寝るベロニカのキーコさん。
(右) 一応撮っておいた、守護神アマノとのツーショット見切れ写真。

 

 


キリングフロアー集合写真。みんなで頑張った!

 

 

さて。

モノラルゾンビはフロアライブが大好きだ。
今後も、隙あらばフロアライブをブチ込んでくよ!

私はさ。
ステージって凄く神聖なものだと思ってて。
「何か」を持ってる人じゃなきゃ入っちゃいけないんだよね。
物凄いテクニックでもいいし、強烈な思い、アイデアや衝動。
そういう何かを持ってる人がステージに愛され、みるみると音が澄んで遠くまで届くようになる。

で。
フロアライブってのは、ステージが無くなっちゃうって事じゃなくてさ。
フロアー全部がステージになっちゃうってことなんだと思うんだよね。
だから、お客さんもみんなステージに上がってるってことなんだと、ライブを重ねていくうちにつくづく感じるんだ。

ステージに上がって演奏するとき、一緒にやる演者のことをとても信頼しリスペクトして、音を出すんだよね。
たとえ、無茶苦茶でギリギリでパンクな音でもさ。
どんなにキレッキレでエグいプレイをしててもね。

だから。
フロアライブの時ってのは。
バンドもお客さんも皆が皆を信頼しリスペクトしてライブをやるってことだと思うんだよね。
皆が一緒に神聖なステージにあがってる気持ちになると、おおいにアッチにぶっ飛ぶんだ!

音楽を聴くのにルールなんてない。
どんなんでもいいんだよ。
踊るもよし、踊らぬもよし、暴れるもよし、暴れぬもよし、楽しむもよし、バカになるもよし、面白を追及するもよし。
しかし、そこに一緒にステージしてるって信頼した気持ちがあったら、音がより澄んでパワフルになる!
時間が止まったかのような興奮する瞬間が味わえるんだ!

モノラルゾンビは、今回のライブでまた新たな階段登ったよ。
また、次の光が見えた。
これは一緒にライブを作ったみんなからもらった大切な収穫だ。
この収穫を大事に大事に育てて、次なるアッチに向かってくよ。

ホントにあの日を見とどけて、一緒にステージしてくれたみんな、ありがとうね!
みんなサイコーだ!
また、バカなヤツをやろう!

box_f
box_h
2016年11月18日

やったぜ!とても良い天気!
日頃の行いが良かったにちまいない。

というわけで、本日。
とんでもなく楽しみにしております。
興奮で爆発しそうです。
一緒にアッチに行きましょう!

 

11/18(金) @新宿ワイルドサイドトウキョウ
WST&zombie Presents[KiLLinG FlooR 2016]
開場 18:00/開演 18:30
ACT:monoral zombie、VERONICA VERONICO、ハルカカナタ
op,act:ノイズカレー

box_f
box_h
2016年11月15日

11/18のイベント「KiLLinG FlooR」に向けて、非常に気が満ち満ちてるモノラルゾンビ。

たかが1イベントなのに、この昂揚感はなんだろかね。
学園祭の前みたいなウキウキと緊張感が入り混じった気分だよ。

イベントに向けて何かせずにはいられぬフワフワした気持ちをドラムに向ける日々。
隙あらば一人スタジオに入り個人練習にあけくれ。

 

ついには、マイドラムセット「キイロ」の皮を一気に張り替えたりしており。

とはいえ、さすがフワフワした空気感。

ドラムメンテナンスの時は、いつもスタジオに入って作業するんだけど。
フロアタムの本体を家に忘れてくるという大失態。。
そんな状態にもめげず、なかなかエグく良い音になったよ!

そんなこんなで。
くれぐれも見に来てほしいイベントなのであります!
どうぞよろしく!


11/18(金) @新宿ワイルドサイドトウキョウ

WST&zombie Presents[KiLLinG FlooR 2016]
開場 18:00/開演 18:30
ACT:monoral zombie、VERONICA VERONICO、ハルカカナタ
op,act:ノイズカレー

 

…と! 

意気込みを熱く語ってるヒマなどいのだ!
なんと今日はモノラルゾンビのライブ!
我らが今西太一も出演するステキなイベントのトップバッタで出演だ!

こういう時のライブは、いやおうなくヤバいことが起きる。
抜身のナイフのようなモノラルゾンビを体感したければ、越谷に19時に集合!


〇11月15日(火) モノラルゾンビ@越谷EASY GOINGS

EASYGOINGS presents【どどんがドン】
OPEN/18:30 START/19:00
前売/¥1500 当日/¥2000
今西太一とミスターマックス / 明日実、 / マンツーマンズ
Monoral Zombie / TOT
http://www.easygoingsweb.net/schedule/2016-05/

※我々はトップバッター19時~!

box_f
box_h
2016年11月14日

先日の「Monoral Zombie写真、フェイスブックに削除された」事件。
(ベースのタナリューがレッチリをとてもリスペクトした格好をしたハロウィンライブの時の写真を載せたら、フェスブックがそれを強制的に削除した事件)

なんと、これには。
続きがあったよ。

フェイスブックにヌード的な(あくまでヌード的な)写真を載せた罰則として、投稿も出来ずメッセンジャーも使えない状態が24時間続くという仕様になってしまったたた!
なんじゃ、それ、そこまで悪いことしたのか??
すげーなフェイスブック。

というわけで。
フェイスブックでの投稿やメールのやり取り、明日11/14の23時くらいまでできない様子!
私からの送信は皆無。投稿も皆無。
携帯ではメッセンジャーを見ることも不可能。
かろうじて、パソコン上で送られてきたメッセンジャーを見ることだけはできる状態さ。

そんなんで、皆さんよろしく!
なんだかスマン!

いやはや、Monoral Zombie、なんだか凄い風吹いてます。
イイ風なのかなんなのか分からんが。
「何か」がキテることだけは確かだ!
いやー、スゲい!!

11/18のフロアライブのモノラルゾンビ。
こりゃ、凄いことになるぞ!
フェイスブックもワイルドサイドトウキョウも出禁になる覚悟でぶっ飛ばす!!
絶対見とどけて欲しい!!
押忍!

 

〇11/18(金) @新宿ワイルドサイドトウキョウ
WILDSIDE 3MAN All FLOOR LIVE EVENT
WST&zombie Presents[KiLLinG FlooR 2016]

前売 ¥2000+1D 当日 ¥2500+1D 学割¥1000(学生証提示)+1D
開場 18:00/開演 18:30

ACT
monoral zombie
VERONICA VERONICO
ハルカカナタ
op,act:ノイズカレー

box_f
box_h
2016年11月12日

さてさて。
大西英雄×加藤崇之×棚田竜太
完全即興ロマンチックユニット「イエローなカード」
…のCDは10月10日に無事発売開始し、色んな方から反響もあり。
とーても嬉しい状況なのであるが。

なんとここでビックリ朗報!
ドラムマガジン12月号のCD新譜紹介のコーナーに載ってしまったよ!

 

 

ドラムマガジン、実は昔、結構読みこんでた雑誌。
ドラマーの私の初リーダーアルバムがドラムマガジンに載るって、相当嬉しいのだ…。
ぬーん。

そうそう。

それとさ、

パンクやハードコアな音楽ライター ・行川和彦氏が自身のブログ「なめブログ」にて、
イエローなカードの紹介してくれたんよ!
是非、読んでほしい!!

それがコチラ↓
http://hardasarock.blog54.fc2.com/blog-entry-1739.html

これがまた、ステキ過ぎる文章で!
このCDがこう伝わってくれたらいいのになぁ、って思ってたことが120%伝わってる感じでさ。
しかも、文章がグルーヴ&キレッキレでカッコ良い!

こういう事があると。
ホントに、CDを作って良かったとつくづくジワジワ。
嬉しいかぎりである!
そんな、
大西英雄×加藤崇之×棚田竜太「イエローなカード」
気になった人は、コチラに発売情報アリだよ。
勿論、モノラルゾンビのライブ会場でも売ってるから、是非手に取って下さいな。

発売情報まとめブログ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=7837

 


photo by taku

 

box_f
box_h
2016年11月08日

渋谷のど真ん中で、こんなゆっくりと親子丼食べれるのどかな蕎麦屋があったとはね。

…とか、そんなことを呑気に言ってる場合ではない!

11/18(金) モノラルゾンビ企画のイベント[KiLLinG FlooR 2016]@新宿ワイルドサイドトウキョウ
が、とーても近づいてきておるよ!

monoral zombie、VERONICA VERONICO、ハルカカナタの3バンドがフロアライブでお客さんと渾然一体!
疲れたらステージのソファーでゆっくりと。
カレー片手におおにに心を解放する、ぜったいヤバいイベント!!

はてさて。
我らモノラルゾンビは、キリングフロアーに向けて絶賛ブラシュアップ中!
ハロウィンイベント、上越、富山、渋谷と1週間に4本のライブを爆発させ、
キレと圧に磨きをかけまくってきたよ!

我ながら、集中力も体力もとーてもイイ方向に向かっておる。
フロアライブが大好物、ギンギンビンビンピカピカな状態のモノラルゾンビを是非体感しにきておくれい!

 

 

いや~、楽しみだわい!!

 

〇11/18(金) @新宿ワイルドサイドトウキョウ
WILDSIDE 3MAN All FLOOR LIVE EVENT
WST&zombie Presents[KiLLinG FlooR 2016]

前売 ¥2000+1D 当日 ¥2500+1D 学割¥1000(学生証提示)+1D
開場 18:00/開演 18:30

ACT
monoral zombie
VERONICA VERONICO
ハルカカナタ
op,act:ノイズカレー

飲み放題レギュラー ¥1500 飲み放題フル ¥2000
学割チケット¥1000(学生証提示)+1D

2016.11/18(金)
ライブハウス、新宿WILD SIDE TOKYOにて
monoral zombie VERONICA VERONICO  ハルカカナタ
3マン、フロアーライブのイベント実施。

フロアではオーディエンスに混じり各バンド、一時間弱のライブを決行。
ステージはフード、物販、ソファ、を持ち込みリラックススペースとして解放。
飲み放題、学生割引、あり。

バンドとオーディエンス共に入り乱れ必至、収拾つかナイスな夜、是非。

box_f
box_h
2016年11月06日

というわけで。
一昨日になっちゃうのか。
エレクトリックマングースUFOファクトリーとモノラルゾンビによるスプリットツアー2日目@富山。
無事終了したよ。

とても良く晴れた日。

上越から富山て移動し。
まずは、富山ブラックなる硬派なラーメンをば。

大喜なるラーメン屋。凄かった。
エレマン&モノラルゾンビの全員。
まるで逃げ道のない濃い口しょうゆの圧力をあび、いきなり富山の洗礼を受ける。

 

そして、今回の会場。
富山マイノリティーへ、


富山のバンド、New Days New Quintetが仕切る、ステキにドープなイベント、スタート!!

…と思いきや。
まず、打ち上げから始まるという、激熱ナイト。

刺身、美味かった。。。
焼き鳥もえびも美味かった。
こんなん、キレッキレにライブやるしかないではないか!…と、ムラムラ気合を入れる。


今回のイベント。
サブステージでは、New Days New Quintetのギター・レイジさんによるソロパフォーマンスが。
これが、またとても良い!

二人シスターズ、 福井のバンド漢鼓の熱いライブを経て。

いよいよモノラルゾンビ!

レイジさんの写真をば、拝借。

フロアライブ大好きな我々は、もう大はしゃぎ。
このイベントのパワーを借りてか、さらにアッチへアッチへ。
トゥーザハイアーなライブを大満喫。
いや~、楽しすぎた!

 

そして、我らがエレクトリックマングースUFOファクトリー


いつもステキな彼らだが、この日はさらにキテた!!
しかも私はライブ後、お酒片手に踊れば良いだけの状態。
あー、気持ち良かった!!

 

そして、本日の主役登場!

初めて見るNew Days New Quintet、スーパーカッコ良し!
センスと勢いが混在する、読めぬグルーヴ!
楽しいぜ、おい!!

っつーわけで。
熱過ぎる富山の夜は更け。
おおいに酒を飲んだのであった。

 

エレマンとモノラルゾンビ、ホテルの部屋呑みまでやっちゃって、深酒しすぎて起きれず。
ホテルの朝食を全員食べ損ねる。
よって仲良くご飯の時間。
富山の方々推薦のハッピー食堂。
全員仲良くチャーシュー丼。
激美味!!

 

さてさて。

というわけで。

エレクトリックマングースUFOファクトリー×モノラルゾンビスプリットツアー、めでたく終了とあいなった!
2バンドで旅をしながらライブをする。
ただ、これだけのことなのに、モーレツに楽しかった。
そして、沢山のイイ事があったよ。

こういうのが、まさに、バンドの糧ってヤツでさ。
バンドとバンドが、リスペクトしつつもなにくそって思いながら、お互いにグチャグチャになってアッチに見える何かを目指す。
こんな楽しいことはないわけで。
つい笑ってしまうギリギリの緊張感の中、上越と富山のライブを大いに満喫したよ!

今回の旅で関わった全ての皆様、ありがとーね!
ホントにステキな時間でありました!
また会いましょう!

 

エレクトリックマングースUFOファクトリー&モノラルゾンビ、万歳!!
また、この面白いヤツ、やろう!!

box_f
box_h
2016年11月04日

昨日は、エレクトリックマングースUFOファクトリーとモノラルゾンビによるスプリットツアー1日目@上越!
スンバらしい一日だったぁ!!

まず、
ちょっとだけ早めに上越着いたので上越にて寄り道。
今年の夏、渋さ知らズオーケストラでライブをやった日本最古の映画館「高田世界館」へ。
開演前の映画館を、館長の上野さんが快く案内してくれてさ。

渋さ知らズのライブの時も素晴らしかったが、誰もいない映画館もこれまたステキな空気感で。
まるで寺の中にいるかのような、澄んだ気持ちで満喫。


天井が、とてもカッコ良い!

しかも、なんと映写室まで案内してもらうという、超贅沢時間!

モノラルゾンビとエレマンのギター龍悦@映写室。
ニューシネマパラダイス過ぎるその空間に、心はパラダイスであったよ!

して。
そして。
いよいよ上越EARTHに到着!

 
上越EARTHの看板が超懐かしい。
というのも、以前やっていたNITORONってバンドで、ツアー毎にずーっと出てたハコ。
私もモノラルゾンビのベースのタナリューもニトロンやってたから、実に3年ぶりの上越EARTHに二人して超感慨深し。

 

リハで音出しながら、色んなこと思い出したな。
PAんとこにいるユージさん、照明のとこにいるカオリさん。
EARTHといえばこの二人。
この二人に見守られながら、もう一度音出せる日がくるとはね!

もちろん。
ライブは、そりゃもう超絶に楽しくて。
高校生17歳のバンド「如月」、嬉しい出会い「ギロッポン」。
ワイルドサイドトウキョウ以外の場所で観ると、またさらに楽し発見ありの「エレクトリックマングースUFOファクトリー」
そして、オーラスにユージさんがベースを弾く「UNFALL」。

楽しいを通り越して、感動的にすらなった、ちょっと泣きそうな一夜。
初めてみた、UNFALLのライブ良かったな!熱く暖かかった!

楽しすぎて、全然写真とってないや。
なので、エレマンのシンセサイザー・ミキさんの写真をちょっくら拝借。

  
サイコーに楽しすぎたモノラルゾンビライブ中と、呑みまくったハコ打ち上げ中、写真。

 

それと。


渋さ知らズのライブに見に来てくれたお客様カオリさんが、EARTHにも遊びに来くれた!
さらに、高田世界館の館長上野さんまで!

以前ニトロンで出演した時に見てた高校生が社会人になって見に来てくれたりもしてさ。
こうやって、人が繋がってくの、ホント嬉しいのである!!
というわけで。
上越はモーレツに終了!
今日は、富山でライブじゃ!
頑張るぜい!

box_f