ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Monthly
Category
dicography_f
box_h
2023年04月19日

 

開催から随分に日にちが経ってしまったが。
2023年3月15日
新松戸ファイヤーバードにて「MUSIC&ART」なるイベントが開催された。

ファイヤーバードの数々のキレキレなイベントをブッキングしてきた店長ダイゴ君は、3月末に退職したのだが。
ダイゴ君在籍時のファイヤーバードで、私が出演する最後のイベントであった。

ダイゴ君の組んだイベントの思い出はそれはもう沢山あり。
モノラルゾンビでは、数々の激烈バンドと出会い。
ヒデヲの間では、人間力抜群な人達と出会い。
MUSIC&ARTでは、脳を溶かすような刺激を貰った。

コロナ禍になってからは特に、MUSIC&ARTが自分にとってとても大切な居場所になっていた。
が、ダイゴ君の嗅覚&センスによってこそ、このイベントはギリギリに成立する訳で。
ダイゴ君が退職するということは、この日がMUSIC&ARTの実質の最終回。

絵と音楽の融合し、脳が溶けるアノ感覚を味わえるのもこの日が最後である。

 

なかがわ寛奈、ういりお、ニシモトヒサオ、燐-Lin-、K:SOUL:Y a.k.a YAN(写真は以前のもの)
今回出演する全ての画家と、以前に絵とドラムで共演している。
これは私の誇りといって良い!

とくに、なかがわ寛奈さんは、まさにファイヤーバードで出会い。
巡り巡って、「ヒデヲの間」のジャケ絵を描いてもらって、私のソロアルバムに魂を吹き込んでくれている。

 

さて、ここからいよいよ当日の様子である。

20230315
@新松戸FIREBIRD
“MUSIC & ART FIREBIRD 16周年スペシャル!!!”

1.ノイズカレー×なかがわ寛奈
ノイズともにカレーを作り、横で絵が描かれる。
これがまさかの相性の良さ!
マッチョ人参マンと、たまねぎブラザーズがステキ!

 

2.project TIDELAND×ういりお
お芝居と歌のTIDELAND。
その世界観の中でおおいに暴れるういりおちゃん。
すでにお芝居の公演の中で共演していたコラボは、とても深く強かった!

 

3.The Memphis Bell×ニシモトヒサオ
気合入ったブルースバンドThe Memphis Bellは、初見だったがとてもカッコ良し!
そしてブルースとニシモトヒサオのコラボはとても新鮮!

絵の中には、ダイゴ君の顔、寛奈さんの壺マン、そして私の顔のバスドラとかが登場。
今までのMUSIC&ARTが走馬灯~!
愛だ~!

 

4.沼田謙二朗と定住ボーイズ×燐-Lin-
この日の沼田謙二朗には不覚にも感動してしまった。(何故だろう…)
そして、燐ちゃんの絵はエネルギー大爆発。
燐ちゃんが他のミュージシャンとコラボする時は、いつもとても嫉妬してしまう。
色と音が直結してる絵なんだよな~!

燐ちゃんとは、ダイゴ君以前のロットン瑠唯時代の絵と音楽のイベントを共に歩んだ感覚があり。
最終回に、タイバンではあれど共に出演できて嬉しかった!

 

5.VERONICA VERONICO×K:SOUL:Y a.k.a YAN
自分の出番前の演目はじっくり見れない寂しさよ。
にしても、YANさんの絵は相変わらずスンバらしい!
色と線にうっとりしてしまうだよなぁ。
流石の横綱相撲!!

 

 

6.大西英雄×松井智恵美
そしてトリは我々。
智恵美ちゃんとは何度か共にライブをやっていて。
最終的に、二人がいるステージをスクリーンで覆い、そこにデジタルアートを映し出す形態になった。
私のドラムも、エフェクトで加工しドバーンと~!

昨年にも、大阪ジャックライオンでの智恵美ちゃんのイベントにもこのユニットで出演し。
いい感じに育ってきた状態で、このファイヤーバードに戻ってこれたのは良かった!

脳も体も刺激されるめちゃ濃厚なイベントMUSIC&ARTをこのユニットのトリップ感で締めくくるのは、
解放感あってサイコーであった!

 

大西英雄×松井智恵美
ドラム場所からはこんな感じで見える。
ステージ側もハイパートリップ空間!
はっきり言って、演ってる側もずっと気持ち良い!

(流石に写真はリハ時、本番中は写真撮る暇はなかった!)

 

というわけで、
MUSIC&ART FINAL集合写真!
とてもイベント愛のある凄い熱量の一日であった!
みんなサイコーだった!
大大大お疲れ様!

 

この、皆がてんでバラバラな方向見てる集合写真も好き。
なんなら、こっちの写真の方がMUSIC&ARTっぽいね。

 

そしてファイヤーバードの守護神まめこちゃんも、3月末で退職してしまった。
まめこちゃんがいると、その愛のお蔭でイベントの格が一つあがる感じがする!
そして、まめこ作のフライヤーもとてもステキえであった!
いやはやお疲れ様でした~!

まめこちゃんの作ってくれたドリンクを呑むのもこの日が最後とな。

 

 

 

さて。

ダイゴ君がブッキングする「MUSIC&ART」は、
「あり得ない組み合わせ」の爆発力であった。
しかし、
それに対して必ず私は、
「あり得ない組み合わせを、あり得る組み合わせにする」という姿勢で取り組んでた。

絵とドラムという、どこに何の意味があるか分からぬ組みあわせでも、
ユニットだと思って取り組み、ユニットのように準備し、
これからも活動を続けるかのようなにステージに立つのが、私の好みであった。

ユニットだと思うと不思議と呼吸が合い、
何かを共有してるような感覚になる。
絵とドラムなのに、バンド感なんぞが出てきたらそれこそ夢のようにサイコーなのである!

現に、その後もユニットとして存続した組み合わせもあり。
ここでの出会いを継続できていることが、
私からダイゴ君への感謝とアンサーである!

 

見るも演るも、楽しく刺激的な思い出ばかり。
MUSIC&ARTにはただただ感謝しかない!

最終回ではあったが、
ここは、あえて高らかに宣言しておく、

「MUSIC&ARTは永遠に不滅である!」

イベントは終わっても、
音が見えて色が聞こえるこの感覚に終わりはないのであーる!
また、是非皆で集える日を夢みて~

 

 

<おまけ動画のコーナー>

大西英雄×松井智恵美
デジタルアート&デジタルドラム、ライブ動画!

5:32~の「ワン」のとこかなり好き。

 

 

<おまけのおまけ動画>

ノイズカレー&なかがわ寛奈(私撮影)
とても相性が良い組み合わせを満喫しながら「相性とはなんぞや」と自問自答する不思議空間。
これぞまさに、MUSIC&ART!!
(ノイズカレーがMUSICなのかどうか、それもまた自問自答である)

box_f
box_h
2023年03月20日

今年は誕生日前日
大西英雄一人ライブ「ヒデヲの間」@西荻窪クラップクラップ
満員御礼無事終了したよ!

 

コロナ禍も途切れることなく、この誕生日ワンマンを続けてこれたのはとても幸せなことである。
しかも、どうやら一人ライブは2013年からやってるようで。
遥々と10年か~!
このようなとてもふざけた試みを、ずっと見届けてくれてるお客さんに大感謝である!

そして、今年はコロナ前の状態に戻ったかのような、
あの時のふわ~っとワキワキした空気感がライブハウスに充満してて。
終始幸せな時間であった!

 

今年も、
前半、いつものドラムと声だけの「元祖ヒデヲの間」
後半、デジタルパーカッションのループを加えた「デジタルヒデヲの間」
の2部構成!

お客さんのレビューで「そんなヒデヲの間にもデジタルの波が!」ってコピーが載ってて笑ったが。
デジタルヒデヲの間も好評で嬉し~!
今回も新たな発見が沢山ある、実りの多いワンマンであった。

 

毎年、誕生日であることを忘れるくらい下らぬ内容なんだけど。
誕生日ケーキを用意して頂きました~。
お客さん皆でケーキを切り分けて食べるとかも随分と久々な感じね!

あたたく見届けてくれた皆さま&クラップクラップに深く感謝であります!
さらに、誕生日のメッセージを頂いた方々にも感謝~!
嬉しく噛みしめております!

毎年ここで一人ライブをやることで、なんだか新たな一歩を踏み出す気持ちになれる。
色んな人達と熱く楽しい音を出し続けるれるよう、がんばりまーす!
どうぞよろしく!

 

 

最後におまけ映像。
なんと油リュウタさんがライブ見に来てくれて動画もあっぷしてくれたので!
こちらにアップ~。

 

 

box_f
box_h
2023年01月05日


明けましておめでとうございます。

今年は躍動感のあるドラムを目指していきたいですな。
飛び跳ね系グルーヴでさらにハッピーに!

コロナ禍で活動は苦しくなり、未だそこを抜け出してないけど。
試行錯誤してるうちに、ミュージシャン仲間は増え、しかも絆は深まったように感じている。
沢山の仲間と躍動した音と共に面白追求できたら良いですな。

今年もよろしくお願いします。

大西英雄

box_f
box_h
2022年04月18日

2022年4月9日&10日
新松戸ファイヤーバードにて
「MUSIC&ART FESTIVAL」
なんと2DAYSフェスが開催されたよ。

大好物な絵と音楽の祭典。
私は初日トップと二日目トリ。
光栄にも、フェスのオープニングとクロージングで出演であった!

 

DAY1トップバッター:大西英雄×なかがわ寛奈
私のソロアルバム「ヒデヲの間」のジャケ絵を描いてくれた寛奈さんと。

 

 

マイドラムセット「キイロ」&エレクトリックパーカッション「ハンドソニック」の合わせ技で演奏。

ディズニーランド的な森サウンドや、コミカルなサウンドに合わせて、絵がグルグルとカクカクと。
こんなふざけた音で絵が描ける画家は寛奈さんだけだなぁ。すばらし!
不思議世界観の中に溶け込み、いきなり昇天!
物凄くハッピーで明るい絵がとにかく良い~。

 

DAY2トリ大西英雄×燐-Lin-
絵とドラムのライブをやるきっかけが燐ちゃんと。
原点な二人だな!

 

ビニールシートに描かれた絵は、燐ちゃん側と私側で印象が違う。

 

 

マイドラムセット「キイロ」はフロアのど真ん中!
コロナ禍で、お客さんのスペースを奪う、なかかな勇気のいるセッティングだけど。

本番前にドラム組みにいくと、お客さん達は笑顔で場所をあけてくれて
「間近で浴びますのでおおいにやってください!」とまで言ってくれた。
なんて素晴らしい皆さま!感謝しかない!

そして、偶然撮れた右の写真がこのライブを物語ってる!

燐ちゃんとのライブは人間力のぶつかり合い。
雨乞いするでもなく、豊作を祈る訳でなもなく、神を降ろす訳でもないが、妙な儀式感ある。
野生の色と音!

 

 

そして、
「MUSIC&ART FESTIVAL」の他の演者さん達の様子をば~

<DAY1>

MUSTANG JERX(BAND) × ニシモトヒサオ(PAINTING)
相性抜群!ドクロが光るぜ!

 

 

(左)田中雅紀(Gt.Vo.) × 佐藤加奈(PAINTING)
(右)SoberBrown(BAND) × 松井智恵美(PAINTING)

ロールシャッハのような佐藤加奈さんの絵。
スクリーンに映す 松井智恵美によるトリップアート!

 

燐-Lin(Ba.Vo.) ×ういりお(PAINTING)

静と動、光と闇、素晴らしいパフォーマンスであった!

 

 

<DAY2>
自分の出番直前だったので、直美ズ(BAND)×Zig(PAINTING)の写真が無くてゴメンね~!

 

(左)道太郎(pf.Vo)×まめこ(PAINTING)
(右)Akabane Vulgars On Strong Bypass(BAND)×田口沙也(PAINTING)

まめこ初のステージングは道太郎愛がすさまじい!
Akabaneのライブ、凄いよかった~。

 

Haruka(Gt.Vo)×ツチヤヒトミ(PAINTING)

Harukaさんの曲を絵本のように描くツチヤヒトミ。
癒されまくった~!

 

二日目終了時の記念撮影!
このイベントは、絵と音とで情報が一気に倍になる。
やる側も見る側を集中力をしいられるイベントだけど、
何故かそれを乗り越えるとみんなが共犯者みたいになるんだよねぇ!

ミュージシャン、画家、お客さん、スタッフ皆で「こりゃやべーぞ!」って空気になる。
この感覚がたまらなく楽しいんだよね~!
皆で作った二日間、サイコーであった!

 

「MUSIC&ART FESTIVAL」二日間に出演した人たちで描いた寄せ書きアート。
画家が筆を走らせると一気にハードルが上がるので、ミュージシャン勢は横でそーっと描いた。
怒涛な二日間の空気感が凝縮されててとても良い絵だねぇ!

 
大好物イベントMUSIC&ARTはやっぱり面白い。
二日間が、部活のような、合宿のうような、ツアーのような、不思議なトリップ感覚であった。
たずさわったすべての皆さまにバンザイ。
また一緒に共犯になりましょう!

box_f
box_h
2022年03月11日


大西英雄誕生日記念一人ライブ「ヒデヲの間」無事終了だよ!
ホゲーっとボエーっと思いっきり楽しんだよ。

こんなとぼけた試みにも関わらず、
沢山の方に見届けてもらい嬉しいかぎり~。
皆様ありがとうございまーす!

 

とても居心地の良いハコ、クラップクラップにて。
当時、ここでドラム叩いた時のハコ鳴りが物凄く気に入って。
自分で何かやるならこのハコだな~、って思い、
とりあえず一人で始めたのが「ヒデヲの間」。
思い返せば、初一人ライブは2013年だそうな。

遥々とやってんだなぁ。

 

今回、前半は、いつものスタイルでの「元祖ヒデヲの間」
後半はデジタルパーカッションをループさせた中で遊ぶ「デジタルヒデヲの間」
…の2部構成。

昨年から始めたデジタルのループは、我ながらなかなか楽しい試みなんだが。
ヒデヲの間で使うのは初めて~。
「ぞうさんのおさんぽ」は宇宙まで散歩できたね。
そして、今回の為の新曲「オリエンタル」と「パックメン」も可能性を感じる楽しさであった!

まん延防止の時短で、ギリギリの時間の中で演奏した「スペインの村」
逆に集中力倍増で、まだ見ぬ景色にたどりつけた気がするよ。

 


自分が楽しんでるだけで忘れてたけど、思えば誕生日当日。
スペシャルなケーキから昆布型タオルまで、
数々のプレゼント頂きありがとうございまーす!
丁寧にいただきます!

ある時期から毎年恒例になってる誕生日クラップ一人ライブ。
コロナ禍になってからも、毎年欠かさず続けられてる奇跡。
3月9日、まさにサンキュー!

楽しんでくれる皆さま、ホントにどうもありがとう!
これからも面白追求型でがんばりまーす!

box_f
box_h
2022年01月01日

明けましておめでとうございます。

珍しく、2021年のライブの本数を数えてみたら66本であった。
いつもより少ないけど、
このご時世で踏ん張って音楽できたことにつくづく感謝である。

さらに沢山の人と音が出せるように、
さらに深い音がだせるように、
面白追求を忘れずに前を向いていく所存。
今年もよろしくおねがいします。

大西英雄

box_f
box_h
2021年12月02日

うつみようこ&大西英雄「ZATsu」レコ発新松戸篇

新松戸ファイヤーバードに初出演するうつみようこさんを迎えるべく。
店長ダイゴ君と随分前から丁寧に大切に準備してきたイベント。
ふたを開ければ、無茶苦茶楽しいステキ過ぎる一日になったよ!

 

 

ファイヤーバードのおかんまめこ制作のフライヤーからいい感じ!
アルバムジャケの色との相性もバッチリ!

 

せっかく主義なので、ドラムセット持ち込み。
私の定番なキイロセットよりさらに小さいミニブラック。
実は仙波清彦氏から譲りうけたこのセット、ミニなのに深い音すんだよな~。
スネアは最近お気にいりの、トラ柄のひょう太。

 

一番手からガンガンアゲアゲ、無限放送29(井垣、しょうへい、ダイゴ)
井垣さんがいれば、もうそのイベントは勝ち組だ!
長くやってる3人組グルーヴも気持ちよーし!
何のメッセージも無いのに何かが伝わってくる「一番」はやっぱサイコー!

 

二番手、CRZCRZ(修豚・前田カシ・最鋭輝)
しらずしらず、と読むのことがやっとわかった!
微笑まし純粋フォークバンド、悪い大人が奏でる優しいサウンド。
いや、でも、最鋭輝さんはただひたすらイイ人で癒される!
添い寝っていいよね~。

 

そして、うつみようこ&大西英雄。
当日似顔絵を担当してくれた、ツチヤヒトミに描いてもらった似顔絵が良すぎる!
ライブはとても気持ち良く、音も広かった!
ちゃんとステージがあるとこで歌うようこさんは、やっぱカッケーな!
声が地響きのように伝わるよ!

 

愛おしい面々!

強力な個性が揃う、人間力のぶつかり合いな熱苦しい夜!
…のようでいて、これがびっくりするほどリラックス&アットホーム!

これがファイヤーバードの懐の深さだな~。
音を楽しむ人達が集う場所は素晴らしいね!

box_f
box_h
2021年11月13日

我がドラム教室の発表会
題して「みんなでドラムを叩く会」は、今年開催できなかった。

しかし、
教室スタッフが機転を利かせ
「それぞれドラムを叩く会」なる、幻発表会プログラムを作ってくれたよ!

生徒さん達がそれぞれ叩いた曲目&コメント付き。
これは楽しいし嬉しい!
いつの日かみんなでね~

 

box_f
box_h
2021年02月20日


昨日は私の大好物企画、絵とドラムのセッションライブであった。

20210219 @新宿ライブフリーク
「ART & MUSIC」
画家:さとうかな、陽草杜斗、浅倉玲音、なかがわ寛奈 、ういりお
ドラム:大西英雄

画家5人対ドラマー1人、1時間ノンストップライブ。
久々のこの企画であったけど、やはりとても興奮した。
5枚の絵から飛び込んでくるエネルギーが物凄くて。
脳がパカっと解放され、音と色が浮遊する感覚をひたすら楽しんでるうちに終わったよ。
いや~楽しかった~!

 

ライブ前の風景。
さー、どーなりますやら。

 

ライブ終演後。
左から、さとうかな、ういりお、なかがわ寛奈 、陽草杜斗、浅倉玲音。
四方八方からエネルギーを貰ったな!!

浅倉玲音さんの絵は、プロジェクターに映写するタイプ。
写真こそ残ってないが。
とても刺激的でかなり脳を持ってかれる、素晴らし映像であった!

 

陽草杜斗さんは、ダンスしながら絵を描くという荒業!
踊りながら、よくこんな絵が描けるもんだねぇ。
ダンスに煽られ、ついドラムも盛り上がってしまうのだ。

 

私のソロアルバム「ヒデヲの間」のジャケを描いてくれた、なかがわ寛奈さん。
ヒデヲの間でも一緒にライブペインティングやってるので、とても充実安心のセッション。
色の狭間にある空間が広くて気持ちよし~!

 

ういりおさんの絵は、とても強く熱い!
発光のような白が塗られると視界がパーっと弾ける。
勿論、ドラムプレイもパーッともってかれる!

 

さとうかなさんの絵は、脳内旅行。
途中、でっかい「おっとっと」みたいのが描かれた時、こちらの脳もアッチに飛ばされた。
グリングリンになった~。

 

っつーわけで集合写真。

ギリギリなようでいて、私にとってはとてもナチュラルに楽しい企画。
音に色は見えるし、
色に音は聞こえる。

素晴らしい企画を企んでくれたライブフリークに感謝!
そして、この状況化に足を運んでくれた皆さまに感謝!
沢山の刺激を与えてくれた画家の皆さまに感謝であります!

あー、楽しかった!
またやろね!!

 

<おまけ>
ちょろっと動画発見~。

 

box_f
box_h
2021年02月12日

ジャズピアニスト、チック・コリアが亡くなってしまったとのこと。

どんなに年をとっても新たな発想で音楽をずっと楽しんでいく人だと思ってたから、なんだかとても悲しい。
そして、ここから先彼の新たな音楽が生み出されなくと思うと、なんともショックだ。

 

ヴィニーカリウタとジョンパティトゥッチとのニューアコースティックトリオを、まだ小さいブルーノートで観たのが、確か初であった。
ブルーノートに行ったのも初だった気がする。
当時、大学生だった私はその音楽を全く理解できぬままではあったが、
ただただ目の前で繰り広げられる何がどうなってるかさっぱり分からん音楽に、ひたすら興奮した。

 

チックコリアって物凄い人なんだと痛感したのは、ゲイリーバートンとのデュオを観た時である。
自分がドラマーなので、ドラマーがいるバンドはついついドラムが気になってしまうのだが。
このライブはピアノとヴィブラフォンの二人だけなので、その音に真っ向から集中できた。
まぁ、兎に角この二人のタッチとタイムが物凄くて。
まるでベースとドラムがいるかのようにグイグイとリズムがスウィングしてく。
特にバッキングしてるチックコリアのプレイは圧巻で、この世にこんなカッコ良いバッキングがあるだろうかと、物凄く印象に残ってる。

そんなビンビンのタイムの中、それが当然の事のように自然に二人は会話してく。
しかも、その音はカラフルで明るくて暖かい。
音一つ一つに色が宿っていて、ポワポワと会場中を浮遊してるようだったな。

 

その後色んな音楽形態で来日を果たすが。
思いかえすと、私はチックコリアの来日公演を良く見に行っていた。

ゲイリー・バートン、
アヴィシャイ・コーエン、
ジェフ・バラード、
アイアート・モレイラ、
ヴィニー・カリウタ、
ジョン・パティトゥッチ、
ジョン・マクラフリン、
クリスチャンン・マクブライド、
ブライアン・ブレイド、
ケニー・ギャレレット、
上原ひろみ

さっと思い出しただけで、このバンドメンバーのスーパーミュージシャンっぷり。
私はチックコリアのお蔭で、物凄いミュージシャンを沢山見れたんだなぁ。

素晴らしいミュージシャンだけでなく、作り出す世界観もいつもオリジナルで。
なおかつ、分け隔てなくミュージシャン皆に音楽の素晴らしさを伝え、
世界中の音楽の質を高めてるような人のようであった。

合掌。

 

 

1.
チックコリア、ニューアコーステックバンド。
前述したヴィニーカリウタとジョンパティトゥッチのブルーノート公演のライブはCD化されている。
兎に角、隙間という隙間を埋めて叩きまくるヴィニーが危険なくらい興奮した。

2.
チックコリアとゲイリーバートンのデュオ。
前述した公演は、このスタジオアルバムが発売された頃であった。
CD聴くとライブ会場の二人だけの緊迫感を思い出す。
しかし、あの緊迫感と裏腹に、とてもポップで聴きやすいのも凄い。

 

3&4.チックコリア、トリロジー1(3枚組)トリロジー2(2枚組)
最近は、このライブ盤が好きでよく聞いていた。
クリスチャンマクブライトとブライアンブレイドとのトリオで、
スタンダードとチック本人の曲をとても自然体で演奏してる。
このナチュラルさが居心地よくて、ずーっと聞いてられる名盤。
この3人のライブを生で聴きに行けなかったのが、つくづく心残りである。

box_f
1 / 14012345...102030...最後 »