box_h
2018年07月07日

さぁ!
今年もやっていきたよ!

理由なんかない!ただやりたいだけでやるシリーズ!
9月15日(土) モノラルゾンビ40名限定ワンマン@新宿メリーゴーランド

42人が新宿ゾンビになる、あの無酸素企画!

 

というわけで、
ここに、チケットの予約方法&先行販売の方法をまとめておくよ!

<ライブ会場先行販売>
まず、モノラルゾンビの7月のライブ会場のみ、チケット先行販売

7/7(sat)@幡ヶ谷HeaveySick
7/13(fri)@越谷Easygoings
7/15(sun)@越谷Easygoings
7/20(fri)@新宿WildSideTokyo
7/24(fri)@新松戸FireBird

上記5本の会場のみ、モノラルゾンビ物販スペースにて!

<一般予約>
そして、8月1日より、一般予約開始!
新宿MERRY-GO-ROUNDのイベントページにて予約。
(8月1日になると、予約フォームが出現!)

イベントページはコチラ

http://merry-g-r.com/schedule/6046/

※会場先行販売で売り切れにはなりませんの、会場に来れない方もご安心を~。

 

 

というわけで、ワンマン。
おおいに楽しみましょう!!

9月15日(土)@新宿メリーゴーランド
「Monoral Zombie:40名限定ワンマン vol.2 」

定員限定40名

前売 ¥2,500
開場 19:00 / 開演 20:00
出演Monoral Zombie

 

 

box_f
box_h
2018年07月06日

言ってなかったけど、実は昨日、モノラルゾンビはレコーディングをしていたのであった!

10/14開催のごりら屋祭@新宿LOFT
このイベントの前売り特典コンピレーションCD用のREC!

イージーゴーイングス&ごりら屋屈指のスゴ腕PAオガタ君とモノラルゾンビのトライアングルは、新たな可能性をこじ開けたぜい!
ニューサウンドは、キレキレでポップで、疾風であります!
是非是非コンピCDを入手してくださいな!

Baby! don’t stop! CUTMAN!!

 

 

ちなみに、モノラルゾンビは、こういう時に調子に乗ります。
転んでもただじゃ起きません。…いや、もとから転んでないけど。

+アルファで、さらに、ちょっと面白い事が発動するやも!!?
とはいえ、ギリギリ企画、うまく事が運べば良いが!

面白報告ができるよう頑張るから、ちと待っててね!

 

スゴ腕PAオガタ&モノラルゾンビ、キレッキレのトライアングルになったぜ!

そして、前売り特典コンピレーションのライブはコチラ!
↓↓

box_f
box_h
2018年06月30日

先週、お昼にライブを観に行った。
信頼度120%のお洒落ギタリスト・円山天使と、薩摩琵琶・鎌田薫水という二人組。
MARKUのレコ発ライブ。

ギター円さんが、このユニットに向けて色々試みを続けてるのは以前から注目しており。
実験途中の音源をダウンロードして、試聴したりして楽しんでいた。
なので、私的には、ついに、あのユニットがCD出すのか?と楽しみにしてたライブである。

 

 

琵琶とギターとエレクトロニカ、と銘打たれた言葉そのもののライブ。
しかし、琵琶の音って実際に生で聴くのは初めてかも。
なんとも深い音だ!

鎌田薫水氏が琵琶をつま弾いた時にでる「ビーン」って音。
その、「ビ」と「ン」の間が実に宇宙なのだ!
デジタルでは測れぬ何かが、その音の狭間に潜んでる。
そこがとても気持ち良くて、ずーっと聞いてられる。
しかも、その音とエレクトロの相性が良いと踏んだ、このユニットのセンスがまた素晴らしい!

円さんの弾くギターも、そりゃ勿論素晴らしく、
後半にやった「Freedom Gambo」(って曲名だと後に判明)
って曲の、クールにハッピーなギターカッティングだけで、ご飯おかわりできちゃうよ!

 

MARKUのお二人&残ったお客さんで記念撮影、に、ちゃっかり参加の私の図。
パーカッショニスト・おきょんにも久々に再会できて嬉し!

 

さて。

ちまみに、このライブ、渋谷の7th Floorってとこで昼間にライブをやっていたんだけど。
普通に、日の光が差し込む優雅な時間に音をだしてる訳。
これって、普通に考えると、ちょっと不思議。

野外ならともかく、やっぱ音を出すのは夜でさ、
外の事はなるたけ知らないで密室で音楽に没頭したくなるんだけど。
この、MARKUは、日の光が差し込んでる中でライブやってるのが、実に自然で似合ってる。
この状態が、凄く面白かった!

私も日の光を受けながら、しゃれおつにライブやってみたい!、…と妄想してみたが。
モノラルゾンビを断トツ筆頭に、どうやら、日の光が合いそうなユニットを一つもやってないことが判明。
残念…。

誰かぁ、日の光が合いそうなユニットで、私を誘ってくださいな!
(難しい依頼)


あまりに素晴らしい想像力を刺激されるライブだったので、CDも購入。

「MARKU/丞前啓後」

CDのタイトルが読む事もできなければ、意味も全く分からないけどさ。
(そもそも、琵琶奏者・鎌田薫水の下の名前も読めない…)

CDのクオリティーもステキに気持ち良くて。
ずーっと聞いてられるよ。
この、暑苦しい夏に、涼しい音がありがたしだよ!

 

 

あ、そうそう。
ギターの円さんこと、円山天使氏とは、8月にライブやるよ!
お盆と正月にだけ集まる、大人の学園祭ユニット。
スペーススパイラル西荻窪編、好き勝手な事しかやらない!
どうぞよろしく~!

8月14日(火) @西荻窪クラップクラップ
『大西英雄代理プレゼンツ:Space Spiral西荻窪編「お盆の学園祭」』

斎藤孝太郎(Cello)、大西英雄(D)、円山天使(G)
ゲスト:森尻有希子(G.Vo from MiyuMiyu)

¥2000+オーダー オープン19:00 スタート20:00
ワンマン、2ステージ

http://www.clopclop.jp/

box_f
box_h
2018年06月23日

 

昨日のミーワムーラ×Monoral Zombieツーマン@ごりごりハウス。
とーても楽しの至福な時間であったよ。
あたたかい音、優しい音、遠い音、澄んだ音、そして時には、蜂のように鋭い音。
色~んな音に溢れるナチュラルな空間は、そこにいるだけで元気になるよ!

ミーワムーラのラストの曲、まるで一本の映画を観たかのような物語。
もう景色とかも見えちゃって、泣きそうになっちった。

天然水のような透明過ぎるミワちゃんの世界観。
酸いも甘いも知り尽くした村重さんのファンタジックなギターの世界観。
究極コンビネーション、絶妙バランスのミーワムーラにバンザイだ!

して、後半戦。モノラルゾンビ。
ボーカル以外の楽器の音を全てノーPAで挑んだモノラルゾンビは、とーてもソリッド。
やわかくしなやかに、でもキレッキレなサウンドを楽しみながら。
あの、ごりごりハウスの空間に音が満ちていくのを楽しんだよ~!

※写真はお客さんから拝借!

昨日はさ、
ホントにアンコールが必然だったねぇ~。
演者も、お客さんも、なんだかその空間から出るのが名残惜しい感じでさ。

で、その場で。
ミワちゃん&村重さんを呼び出し、
ミーワムーラの「お師匠さん」を4人で合奏!

ここで、
ボーカル、ギター、ドラム、ベースという、とても普通のバンド形態になるのが面白いね。

構成とかすっかり忘れちゃってて、色々その場で、あー!とか、うー!とかなるんだけど。
名残惜しい時間を楽しむ時のアンコールって、そういう事も含めて暖かい!
4人の音&声をお互いにリスペクトし合うような時間だったな。

モノラルゾンビツーマンシリーズ、毎回とてもとても楽しいよ!
対ミーワムーラと、対GISIRIのギャップがホントたまらん!

昨日は、
あの場にいた人達だけの内緒にしたいくらいステキな夜だった!
ありがとさーん!

 

おまけ写真。
私、楽しそう~。

box_f
box_h
2018年06月22日

 

明日、6/22のモノラルゾンビ×ミーワムーラのツーマンに向けて。
一人妄想ゲネリハしてたら、さ。
久々にやっちまった。
バスドラぺダルのビーターの棒を、勢い余って折っちゃったよ…。
明日はナチュラルに丁寧に音を楽しもうと思ってたのに、我ながらなんたる裏腹前傾姿勢。

猛る気持ちを抑え、脳を空っぽにすべく、
もっともIQの低そうな映画「レディープレイヤー1」を観に行く。



ザッツ、ナイスチョーイス!
脳が完全に空っぽ。スコーン。
いや~、超くだらない!!
アホ過ぎる!なんだ、この映画…!
ホントにプライベートライアンを撮った監督の映画か、おい?

しかし、残念なことに。
今日の私には響いた…。

すまん、猛烈に面白かった!
不覚にも、無っ茶苦茶興奮してしまったよ!
金田のバイクとかガンダムとか、そんなん、ずるい…。

映画との出会いって、はっきり言ってタイミングだよな。
レディープレイヤー1と私との出会いは、今日以外ありえないくらい最良であった。

っつーわけで。
レッドホットからクールダウン、そして、チリペッパーにチルアウト。
私はとても仕上がってます。
明日が楽しみだ!

box_f
box_h
2018年06月20日

先日、久慈恵里奈の創作舞踊を見てきた。
コンテンポラリーダンスってのかな。

久慈ちゃんとは、
以前、私のドラムソロの曲「キツネ」でコラボレーションしており。
私のドラムに、すべてダンスの振り付けを創作。
ドラムと踊りが一体になった舞台をやりきった仲。

 

その時の模様

その時のブログはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=7727

「キツネ」盛岡公演ももう2年前か…。懐かしい。

 

で。

はてさて。
そんな久慈ちゃんなんだが。
第75回全国舞踊コンクールの創作舞踊部で、3位になっておったのよ!

で、今回、第75回全国舞踊コンクールのアンコール公演が開催され。
私も見に行くことができた訳だ。

※コンクールの記事発見!↓
http://www.tokyo-np.co.jp/event/buyocon/result/75/sou_3.html

 

で。
今回の作品、
久慈恵里奈作の「ある檀上の感情」

久慈ちゃんと、ダンサーである久慈ちゃんのお母様・久慈幸恵、そして、私が「キツネ」で共演した赤坂衣織
の3人による、息をのむような緊張感のあるダンス。
とーても素晴らしかった。

私自身、意図がどこまで解読できてるかは分からないけど。
ダンスという表現を見てるうちに、
ふと、まったく違う世界に連れってもらったかのような瞬間に興奮する。

その時はさ、
時間は急にゆったり流れて、
その世界の色も匂いも一緒に味わってるような感覚に襲われる。
あれは、ひとつの快感だよ。

誇らしくイイのが見れたよ!
久慈ちゃんお疲れ様!

久々に久慈家&衣織ちゃんにも再会できて、嬉し!
また、何か新たな作品を海だし、一緒に演りたいですな!

 

box_f
box_h
2018年06月10日

ちょうど一週間前になっちゃうけど。
ブログに残しておくよ。

20180602
大西英雄×加藤崇之×棚田竜太
完全即興ロマンチックキケンユニット
「イエローなカード」第10回!
@阿佐ヶ谷イエロービジョン

ムッチャクチャに楽しかった!
集中の先の一音一音に一喜一憂したな!

第10回。
つくづく、時間って素晴らしい。
年に二回でも、5年間同じメンバーで同じ場所で演ってると、目に目えない説明できない「何か」が生まれてる。
我々3人の中での、暗黙の了解ができてる。
阿吽の呼吸とてでも言うかね。

それが何なのかは、うまく説明できないんだけど。
相手の音にノルのか、相手の音を裏切るのか、我関せず自分の音と向き合うか。
どのスタンスでいようとも、「はいよ!」、と、阿吽になる。

それは、
とてつもなくナチュラルでいられる、ってことで。
こんなナチュラルに音を出せる人と場所があることに、とても幸せを感じるよ。

さらに、
この年月をかけて。
演る側と見る側の間にも、なんとも言えぬ絆ができてるんだよな。
完全即興という、聴く側にも集中力を強いられる、かなりハードルの高いイベントにも関わらず。
お客さんが、皆、それぞれの所作でしっかり音を楽しんでくれてる。

まさか、「イエローなカード」が、こんなハッピーな空気感に成長してくるとは。

「イエローなカード」を演る人も、観る人も!
皆さま、ホントにありがとー!
いい日であった!

 

というわけで

<おもひでの「イエローなカード」vol.10>

 

photo by オドル

この写真の空気感、とても良い。
加藤崇之、棚田竜太、大西英雄、三者三様に音を楽しんでおります!

 

「イエローなカード」恒例、セットリスト。
完全即興なのに何故か存在するセットリスト。
今回の新曲は、「ララポーとララバイ」「丸裸温泉」「チタン地帯」「仮釈放(仮)」
丸裸温泉、スゲー良かった気がする(嘘)

第10回を記念して制作した、「イエローなカード」バッヂ。
「コーヒーのおともにイエローなカード」「北風とガルウィング」「夕方フレンド」の3種類。
ありがたいことに、ほぼ完売!
ちょっとだけ残ったバッヂは、次回のイエローでまた売るよ。
(12月かな…)

 

「イエローなカード」恒例、みんなで絵を描くのコーナー。
しかし、今回は音を出すことがあまりに楽しくて、ライブ中は絵は完成せず。
しかし、ライブ終了後に私と加藤さんが描き足して、無事絵は完成だよ!

題して。
大西英雄+加藤崇之+棚田竜太作「仮釈放(仮)」 

さてさて。
せっかくなので、今回のイエローなカードの動画もいくつか紹介!

加藤崇之氏があげた動画!
これぞまさに「イエローなカード」
グルーヴしまくってる即興があったっていいではないか!
一緒にトランスざんす。

富田さんが撮ってくれた動画。
中盤にはこういう時間もある。
楽器で会話してるってのは、言いえて妙だね。
「昨日何食べた?」「えーとラーメンっすかね」「美味しかった?」「まぁ、中の下くらいでした」
的な。

で、最終的にこーなります。
昇天。

 

と、いうわけで。
イエローなカード報告会でありました~。

年に二回のお楽しみなので、次回はきっと12月!
ちと遠いけど、きっとこれくらいのスタンスが一番気持ち良い!
しっかり待っててね!

box_f
box_h
2018年06月08日

昨日はジロキチにライブを観に行った!

仙波清彦氏のバンドの中で一番好きなヤツ!
「疑惑のイージーリスニング」略して「疑イー」
誰も略してないけど…。

6年ぶりの復活だったらしいが、私はこっそり待っていたよ!

仙波清彦、坂田明、河合わかば、久米大作、高橋香織、バカボン鈴木、坂田学
という、とんでもないメンバーで、映画音楽的イージーリスニングを好き勝手に演奏!

たまらん楽しさだった。
音がキラキラしててとてもゴージャスサウンドなのに、実に実に下らない!
ダメでデキる大人による究極面白だったよ!

良明さんの奏でる007のリフは相変わらずシビれる!
あれだけでご飯3杯は食べれるなぁ。
ごちそうさまでした!

 

box_f
box_h
2018年05月30日

あの日を写真でふり返ろう。。
それは、
20180511 GISIRIvsMonoral Zombieツーマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

この日で活動休止のGISIRI。
グズグズだったりビシバシだったり、ぽえーっとしたりガツンガツンだったり。
色んな事があったけど、この日しかないこの日は、永遠にこの日なのだ。
黄金の日だったな!

まるで高校生のように馬鹿に純粋に音を出した。
IQは低いが熱量はとめどなく高い壮絶サイコーな夜だった!
みんなで沢山笑ったな!

 

というわけで、
<おもひでのGISIRIvsMonoral Zombie>

 

まずは、私が撮った写真から。

この日は、GISIRIとモノラルゾンビのライブはホントに入り乱れ。
まさにプロレス興行のようなツーマンイベント!

 

この日は、2ピースバンド2バンドでのべ4人。
にも関わらず、ドラムセットが4台ならぶ、意味不明な熱量!

GISIRIのライブをとなりで見てる私の図。
ついでなので、ブルーノマーズだったら怒られる写真を撮っておいたよ。

 

さて、ここから先は、
お客さんの写真をお借りし、イベントを時系列で見て行こう!

 

(photo by 富田道夫)

GISIRI瀧本、モノラルゾンビ大西、モノラルゾンビ棚田、GISIRIハマチュー
リングアナ後にそれぞれのSEで一人ずつ登場。
このコーナー、抜群に楽しかったな!

 

(photo by 富田道夫)

GISIRIの活動休止なんてお構いなし!
モノラルゾンビは屈託なくライブを敢行!

(photo by オドル)

この写真サイコー。
脚本の進行を忘れ、GISIRIの二人は何も言わずにボーっと突っ立てる時間が結構アリ。
絵になってるような気もするし、間抜けな気もする。

(photo by オドル)

モノラルゾンビとGISIRI、それぞれに全力を出し切ってるの図!
相変わらず、その場の空気感を封じ込めたかのようなオドルちゃんの撮った写真は素晴らしい!

 

 

(photo by 村上由美)

この日は、オープニングアクトをかましたUNRUCHのボーカルのタマイ君(ジェイソン的マスクの方)。
進行を忘れてるGISIRIとは裏腹に、行く先々の一番おいしいとこに、かならずタマイはいる!
愛のある乱入&ダイブ&モッシュをかますタマイは、このイベントの裏MVPである!

 

(photo by 村上由美)

もう、何が何だか分かりません!

 

(photo by 村上由美)

ここ、私的イベントクライマックス!
GISIRIとモノラルゾンビ、それぞれの曲同時演奏だ!
これ、無茶苦茶バカバカしいのに、無茶苦茶興奮した!
イエーイ!

 

 

(photo by wild side tokyo)
同時演奏からGISIRIの名曲「ノレンヲクグッテ」に突入!
スクリーンには富士山。
熱量は物凄いが、もう世界観は全く不明だ!

 

(photo by 村上由美)

この圧倒的に意味不明なのに、強烈なハッピー感!
この日を象徴するいい写真だ!

(photo by wild side tokyo)

単なるツーマンであったら、先ほどのシーンで大団円で良かったんだが。
この日は、GISIRIの活動休止ラストライブ。
モノラルゾンビはここでお役御免。
イベント最後は、GISIRIにガツンと締めてもらった。
はっきり言って感動した!GISIRI万歳!

 

(photo by 村上由美)

バトルは終わり、
GISIRIとモノラルゾンビ、宿敵から友になる!
そして、
GISIRIとモノラルゾンビと、裏MVP・UNRUCHのタマイ君の図。
この写真の少年ジャンプ感。サイコーだね!

 

 

さらにおまけ、動画のコーナー!

最善を陣取った前田さんが撮影した映像。この動画大好き!

第一話
二人プロレス:GISIRI
ジャッキー映画的効果音:モノラルゾンビ

第二話
本物乱入プロレス:GISIRI and more
段々とSEMIで乗っ取り:モノラルゾンビ

第三話
お芝居こ芝居プチ乱戦→マイクパフォーマンス→おぼえてやがれ!
:GISIRI vs モノラルゾンビ

第四話
さようならGISIRI→すべる3:モノラルゾンビ

 

これ、私・大西英雄撮影~。
GISIRIライブ中。
客席→楽屋→ステージへ。
音悪いけど、なかなか気の利いた映像じゃね?

 

さてさて。
この日、
GISIRIとモノラルゾンビ
それぞれの曲を同時に演奏した爆笑&興奮の瞬間は、一生忘れられん!
でも、この動画はここには挙げないことにした。
あれは後から見るもんじゃなくて、あの場にいた人達だけの瞬間の宝物。
一瞬が永遠になった時間だよ。

んじゃなギシリ!
またね!

box_f
box_h
2018年05月28日

というわけで、今週!

6/2(土)大西英雄+加藤崇之+棚田竜太「イエローなカード」
@阿佐ヶ谷イエロービジョン
であーる!

完全即興で自由に音を出す、のに、なぜかこの3人のサウンドはワクワクとハッピーに面白い!
年に二回のお楽しみといいながら、はるばると、第10回目にきたよ!

で、だ!
第10回、ってことで、何かしたい衝動にかられ。
「イエローなカードバッヂ」を制作してしまったよ~!

 

<イエローなカード、10回記念バッヂ紹介コーナー>

 

まずは、イエローなカードロゴを描いてみた
「コーヒーのおともにイエローなカード」バッヂ

そして、イエローなカード恒例、「みんなで絵を描くのコーナー」の絵を独自に抽出!
「夕方フレンド」バッヂ

さらに、もう一品。こちらも「みんなで絵を描くのコーナー」から。
「北風とガルウィング」バッヂ

 

みんなで絵を描くのコーナーの絵から、バッヂ制作するの、なかなか楽しい!
お客さんにも書いてもらってるから、はっきり言って部分部分を誰が描いたかさっぱり分からぬ。
いつの間にか自分の描いた部分がバッヂになってる可能性あるので、どうぞよろしく!

20171212の絵と、20170620の絵から抽出!
 

さーて。
そんなイエローなカードバッヂだけど。
なんと、発注がギリッギリ!
万が一の事があると、6/2当日に間にあわぬ可能性無きにしも非ず!

基本、イエローなカードバッヂの販売は、イエローなカードライブ会場のみ!
モノラルゾンビのライブ会場では販売しない予定。

なので、もし間に合わなかった、今年の12月のイエローなカードで販売開始だな。
じっくり待って~!
いや、間にあえ~!!

 

ってなわけで。
いよいよ今週のイエローなカード。
どうぞよろしく!

 

6月02日(土)「イエローなカード」@阿佐ヶ谷イエロービジョン

大西英雄+加藤崇之+棚田竜太による、
完全即興ロマンチックキケンユニット「イエローなカード」
年に二回のお楽しみ、遥々と第10回目!

open19:00 start19:30 2,000+1D ワンマン2ステージ

大西英雄(ds) http://www.hideodrum.com/
加藤崇之(gt) http://takayuki-kato.com/
棚田竜太(b) https://myspace.com/tanaryu

阿佐ヶ谷イエロービジョン:http://www.yellowvision.jp/

box_f
1 / 12912345...102030...最後 »