ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
2018年04月16日

先日、4/14@西荻窪クラップクラップにて。
佐藤研二&大西英雄二人ライブ、楽し過ぎに終了したよ!

まさか、サトケンさんと二人でライブをやるとは!
しかし、それはそれはとても充実した会合であったよ。
二人ってのは、相手の人となりがもう分かり過ぎるほどわかるわけで。

サトケンさんのベースは、実にロックでバッドでデンジャーな音なのに、と~ても美しい!
しかも、グルーヴしだすとアウトバーンのようにはるか先までグリングリンに動き出す!
サトケンさんの包容力と躍動感と前進力、人間愛満載の音に包まれながらライブを楽しんだよ。

そりゃ、もう、サイ&コーであった!

サトケンアレンジのヒデヲの間曲「かたつむり」は、はっきり言って無茶苦茶カッコ良かった!
結果、二人して新たなジャンルを確立、その名も「失笑プログレ」・・・。

佐藤研二&大西英雄、この二人ライブは、あまりに楽しかったのでまたやろうってことになったよ。
秋ごろかなぁ。
チェックしててねぇ。

終演後の楽しい空気感の中、二人で張り切って写真とったら、ほんのり二丁目感。
box_f
box_h
2018年04月09日

今だ余韻。
この感覚を忘れたくなくて(忘れたくても忘れられんが)、ブログに書き記しておくよ。

4/6(金) ドブロク×Monoral Zombie@新松戸ファイヤーバード

ツーマンというか、この2バンドによるワンマンであった。
そうあって欲しいと思って、この日に挑んだけど、ホントそうなった!
ドブロクとモノラルゾンビがファイヤーバードで昇天したワンマンイベントであった。

 

なんだか、この日の事は、一つの映画みたいに記憶されてるんだよね。
物凄く肌に合った映画を見て、そのまま映画から抜け出せないでるような感覚だ。
良い映画を観た後、映画館を出たときの街に景色がいつもとちがった感覚になる。
まさに、あの日以来、日常も違って見えるんだよね。
音も色も味も匂いもより濃くなったような。

次の日は、渋さ知らズオーケストラ@O-EASTだったが、音が見え光が交わり咆哮してる感覚になった。
さらに次の日、映画「リメンバーミー」を観たが、映画の中に入っちゃって、自分の後ろ側も見えるような感覚になった。
あの日以来、感覚が覚醒してるよ。

 

私は、好きな映画であればあるほど、パート2を作って欲しくない派。
こんな、ライブ、イベント、音楽を超えた物凄い事が起きちゃった日は。
そのまま美しく、そーっとしておきたい気がしちゃうね。
心の中に残しておけば、ずーっと枯れずに残ってる。
あとは、ずーっとニヤニヤしてればいい。

なにはともあれ、
そんな素晴らしい日を過ごすことができたことに感謝だよ!

ドブロク、言いたいこと沢山あるけど言わずもがなに、ありがとう!
ファイヤーバード、こんな魁!男塾みたいな企画を首謀してくれて、ありがとう!
見とどけてくれたお客さん、最後まで本気で音と向き合ってくれて、ありがとう!
どうしても見れなかったお客さん、しっかり念をおくてくれて、ありがとう!
そして、モノラルゾンビが今存在してることに、ありがとう!

 

 

今回の企画。
1st  ドブロク→モノラルゾンビ(30分ずつ)
2nd ドブロク→モノラルゾンビ(30分ずつ)
そしてまさかのアンコール モノラルゾンビ→ドブロク

…という、イリーガルな構成。
これが、なかなかに精神力と体力を必要な装置で。
ドブロクがSEかかってスタンバイしてると、モノラルゾンビ側も勝手に「やる体」になってっちゃって、出来上がっちゃうわけ。
でも、やらないから、さ。
これを2セットやるってのは、普通に自分のバンドのワンマンの方が楽だって思った!

だけどさ。
ドブロクのライブが終わるやいなや、モノラルゾンビの音をグググーーーーっと、フェイドインさせてった時。
無茶苦茶興奮したな。
ドロドロドロ~!

 

写真は、ドブロクのライブ中。
いつもより丁寧なのに、いつもより前傾姿勢。
いつもよりとってもドブロク、しかし、まだ見たことないドブロクだった!

 

そして。
今回、お互いの曲を一曲ずつカバーした。
これが、なんとも嬉し恥ずかしい企画だったが、2バンドとも超本気でとりくんだ。

モノラルゾンビは、ドブロクの「みんなの戦争」
真正面から誠心誠意、声と音をしっかりドライブさせた!

ドブロクは、モノラルゾンビの「Te Te Te」
チャーミングでキュートでロックでパンクだった!
こんなにも自分のやってるバンドに愛を感じることはあるじゃろか。

しかも奇しくも。
1stセット最後が、モノラルゾンビによるみんなの戦争。
2ndセット頭が、ドブロクによるTeTeTe。
示し合わせたわけじゃないのにリンクしまくりのバトンタッチが美しすぎたよ!
ホワワ~ン!

 

photo by オドル

 

ドブロクの3人、モノラルゾンビの2人。合わせて5人。
音の先にある音を出そうと、全神経を使った気がする。
良いライブをやりたいのは至極当然。
さらにその先にある、音を出したい。

この日にしか起きないことを、絶対に楽しもう。
無理せずともそれは起きる。
しかし、体がガチガチだとそれが通り過ぎる。
絶対にその感覚を心の底から味わいたい。
だから、ナチュラルに、大きく目を光らせ、五感に集中する。
誰かが、その音を出したのならば、あとの4人は絶対にそれをつむいで、まだ見ぬ音を出すんだ!

一つのバンドでも難しいこの感覚をさ。
2バンドで味わうことができたのは、私にとって宝モンだ。
そして、この感覚になれたのは、この2バンドが出会ったファイヤーバードだからこそ。
結果、この日しか起きないことはバンバン起きて、この日だけの特別のこの日になった!
ピカピカーン!

 

 

photo by オドル

ドブロク&モノラルゾンビ「二度とやりません」宣言の図。

きっと今回のイベントは、良い意味で歪だ。
本当に純粋に音を出した時、それはもう普通の形はしてない。
あの場にいた人しか、それを理解できない。
説明できない感覚が満ち溢れてた。

音の先の音。
それがこんなにも溢れる日は、一生の中で何回起きるだろうか。
この日はこの日でしかない!
この時、お客さんとバンドも一体になって「二度とやりません」だった!
この日に乾杯!
ババババ―ン!

 

 

終演後、ドブロクリズム隊が帰った後に、急いで撮った記念写真。

ドブロクとモノラルゾンビは、今回のイベントで仲の良いバンド同士から、親友になった気がするよ!

たかが一年の付き合いなのに、接した時間の濃度のあまりの高さから、一気に気心知れた仲に昇天し。
もう、超えてはいけない一線を越えて、ただならぬ関係になってしまった感じ。
たかが一年の付き合いなのに、小学校からの同級生のような感覚あるもんな。
ドガガガガガ!

 

おまけ写真。
ドブロクの「プレイバック夏」の歌詞に「ちびまる子ちゃん」ってのが出てくるから。
今回の私の1stセットの衣装は、ちびまる子ちゃんシャツだったんだけど。
誰も気づいてくれなかったから、ここに載せておく自己満足。
シッシッシ。

 

 

最後に、この動画をアップしておくよ。
こういう日の事は、その場にいなかった人が、後から動画とかで見てもきっとワケ分からない。
それくらい、刹那が永遠になる、サイコーに熱く、素晴らしく歪なイベントだった。

今回のイベントの動画、色んな形で色んなとこにあがってるけど。
この動画が一番しっくりきた。
あの日は、私の頭ン中でこんな風に記憶されてる。
他者が見たらちんぷんかんぷんだけど、あの場にいた人は一気に思い出す。
そんな動画をファイヤーバード自らがあげてるのがサイコーだよ。
イエーイエーイ!

 

 
おまけのおまけ、追加。
なんとなく描いたこのイラスト、結構気に入ってるのでここに載せておこうっと。

 

box_f
box_h
2018年04月02日

○鴨川シーワールドかもしれない。
○久々鑑賞スパルタンX、ラストのジャッキーvsベニーユキーデの高速バトルは熱い!
○ウィルキンソンを買おうとして、セブンイレブンに入った時、残念な気持ちになる。
○水曜日のダウンタウンは、相変わらず攻め攻め。
○ガチャピンはツイッター、ムックはフェイスブックをやってるのね。
○しかし、終わるらしい。
○ダウンタウンなう、ひふみんの「天ぷら定食」のくだりがツボ過ぎた。
○モヤモヤさまぁ~ず、虫めがね屋さんの時のBGMがMr.BIG。
○「スーパーフライの頭の紐の長さ1m2cm」、ホリケン談。
○銀座線渋谷駅って成立してないよね、特に降りる方。
○近未来SFって言葉が、すでにかなり古いよね。
○しまった!ずーっと「スナックえんどう」だと思ってた。
○のり塩のポテトチップス、ティッシュ無しだとしびれる。
○ウィルスミスウィルス。
○「壊れかけのラジオ」って言うと、急に昭和感。

box_f
box_h
2018年03月28日

先日、久々の一日オフ。

よし、ここは都電荒川線ぶらり途中下車の旅へGOだ!

と、思いきやいきなり前途多難。
都電荒川線は、「さくらトラム」なる背中がゾンゾンするようなダサいネーミングに変わっており、ショックを隠せぬ。
しかも、桜の時期の都電は想像を絶する混雑で、通勤電車のようなギュウギュウ状態。

呑気に、途中下車の旅をする感じではなくなってしまったが。
ま、一応、都電の旅はしてきてさ。
なんとか、悪くない休日であった。

都電の終点を見てみたいと思い、三ノ輪まで行ってみた。
まさに終点、これぞドン突き。
これ以上行けない地点を見るのは、何故か良い。

 

とはいえ、三ノ輪で何を見たらよいのか。
結局、渋すぎる商店街「ジョイフル三ノ輪」を端から端までぶらついてみる。
それはそれで、とても満足。

 


荒川車庫のおもいで広場には、古い都電が展示してある。
あの回すとこ、回してみたいよね。

 


せっかくなので、ペラッペラの都電写真で記念撮影。

はい、お疲れ様でした。

box_f
box_h
2018年03月18日

よし!
電気グルーヴツアー2018「クラーケン鷹」@ZEPP TOKYO
を観てきたぞ!

いや~、終わって欲しくない素晴らしさだった。
2時間半があっちゅー間。
BPMはそんな速くないのに、ガリガリ君以外の全チューンがガン上げだった!

相変わらず、MCでは観客おいてけぼり。
しかも、50歳でこの爆音祭。
やりたいほーだいの電気グルーヴは、やっぱりサイコーであります。

・「プエルトリコのひとりっ子」は、1時間は聴いていたい。
・「ユーフォリック」は、2時間は聴ける。
・シャツがデカいってだけの「The Big Shirts」って曲で、なんであんな飛ばされ方されなきゃいけないんだ。
・「Shame」から「Shameful」の流れは黄金だ。
・「顔変わっちゃってる。」、を完璧に歌ってる客がいて笑う。
・新曲「マンヒューマン」が良すぎて焦る。
・さらに「柿の木坂」がミラクルチューンに変貌!
・半ケツの「人間大統領」で大団円大満足、感動すらあった!

VJがまた、さらにキレッキレで。さらに照明もビヤァーってなって。
アッチにいくための装置がもう万全すぎ。

新曲を一曲だしただけでツアー(大阪と東京だけだけど)にくりだした電気グルーヴ。
その全貌は、想像を凌駕するグリングリンアレンジにブラッシュアップされた過去曲と共に、VJと光と渾然一体となったスペクタクルダンスパーティーであった。
クラーケン鷹というワケ分からんツアータイトルの意味を知った時、相当テンションがあがったよ!

昨年出したアルバム「トロピカルラブ」を完全に自分達のものにした電気グルーヴは、はっきり言って無敵だ!
50歳にしてこの加速度!
日本にはな、電気グルーヴがいるんだぜい!
電気グルーヴ万歳!


「クラーケン鷹のDG軍団、グリングリンにトロピカル」
イラスト by ヒデヲ

 

 

ちなみに、
興奮のまま帰宅し。

風呂上りにテレビつけると、ポプテピピックを放送しており。
やはり、電気グルーヴ×ポプテピピックTシャツを買っておけばよかったな、とちょっと後悔。

そして、おまけ写真。
電気グルーヴ同盟・なかじまあいと私。

終演直後、踊り疲れて抜けきった二人。

 

ビール飲んで復活した二人。

box_f
box_h
2018年03月15日

 

とういわけで、1週間経った。

3月9日 大西英雄誕生日記念「ヒデヲパルーザ」@新宿ワイルドサイドトウキョウ
Monoral Zombie×仙波清彦&カルガモーズ ツーマン

物凄い一日だった!
無茶苦茶興奮したよ。
なにはともあれ、演者もスタッフもお客さんも何もかも、あの日を盛り上げてくれたみんな、ホントにありがとう!
おかげで、忘れれぬ素晴らしい日になったよ。

話したいこと沢山あり過ぎるし、
しかも、沢山の方から写真やら動画やらも頂いてたりして。
何から手を付けていいのよやら!

よし、まずは、ちょいと思い出に浸ってみるとこから初めてみよう。
当日ほとんど写真は撮れなかったが、ちょっとだけ撮った私の写真。
それと、色んな方がSNSに挙げてくれたパルーザ写真を抜粋。

ってなわけで、

<ヒデヲパルーザおもひで写真館>

モノラルゾンビ2名(固定)、仙波清彦&カルガモーズ25名(増減あり)
そんな出演者皆のサイン集まる!
あらためて見ると、なかなか爽快!
このサインヘッドは、ワイルドサイドトウキョウにプレゼントしたのさ~。

 

 

下らぬ写真を一品。
誕生日当日、これからイベントだ!って時のレシートが「777」だとちょっと嬉しい。

 

今回のモノラルゾンビの物販のスタッフをやってくれたのが、ザ・ショッキングよりハプニング鈴木!
強烈な圧力のある外見と、ピュアな乙女のハートを合わせ持つ、超イイ奴!
ちなみに、誕生日プレゼントにとてもきれいな黄色いお花をくれた。
やっぱイイ奴。

 

仙波清彦&カルガモーズの楽器セッティング図。
もう、この時点ですでに前衛芸術のようでカッコ良かったんだよね!
ワイサイのスタッフ、マイクいっぱい立ててくれてありがとうね!

 

言わずもがな私はダブルヘッダー。
カルガモーズ5曲、モノラルゾンビ11曲+α。
いや~叩いた叩いた!おおいに叩いた!
演奏後体に鈍痛が走ったよ。

 

誇るべき、チームワイルドサイドトウキョウ!!ワイサイバンザイ!
アンタらがいなかったら、こんな企画は存在しないぜ!

数々の細かい要望もじっくり面白熱く応えてくれたブッキング龍悦今野!
ホント色々ありがとう!いいイベントできて良かった!

ワイサイのなんたるかをカルガモーズに見せつけてやってくれとオファーしたノイズカレー(写真に妙な合成感があるね)。アクトからフードまで1時間、よくぞ突っ走ってくれました!キレキレ&美味!
イベント終演後にモノラルゾンビ二人分だけカレーを残してくれてる優しさに乾杯!

そしてそして、
彼女がいなきゃこのイベントどころかモノラルゾンビすら存在しなかったであろう。
ワイサイのMVPPA、クボヤヒロミ!アンタはえらい!
カルガモーズもモノラルゾンビも共に戦えて嬉しかった!
絶大なる信頼な音!
これからも共にバカな音をだしていこう!

 

さて、ここから先、お客さんの写真で振り返る、ヒデヲパルーザのコーナー!


photo by 安田真由美
お客さんが撮ってくれたノイズカレーの写真の中でこれが一番好きだった!
何がなんだか分からんけど、ノイズ感&カレー感満載!

 

photo by 安藤升二
このカルガモーズの写真は、なんだかとてもカルガモーズをあらわしてるね!
しかも、よくぞこの人だらけの中から私の顔を撮ってくれました!

 

photo by WildSideTokyo
モノラルゾンビライブ突入!
モノラルゾンビのホームグラウンドはワイルドサイドトウキョウなんだぜい!
ホント、みんな盛り上がってくれてありがとうね!

 

photo by クボチナツ
モノラルゾンビ×仙波清彦の一幕!
悪いことばっかりする仙波氏のことをサイコーに誇らしく思ってる私の図。
この後、仙波さんはタナリューのベースのペグをグルグル回して、チューニングを無茶苦茶にして帰って行った。

 

 

photo by odoru
オドルちゃんのライブ写真はいつもステキだ!
その時の「匂い」とか「空気」が写真の中に納まってるし、音楽に対する愛があるんだよな!

ちなみに、この写真の右上に足だけ写ってる、二階席(?)から見守る守護神アマノ君の写真も素晴らしかった!
近日公開するよ。

 

さてさて、まずはこんな感じで。
どーだい?
ヒデヲパルーザ楽しかったかい?
私はとーても楽しかったよ!

モノラルゾンビとカルガモーズのツーマン「ヒデヲパルーザ」、
またやるぜ~い!(うそ)

 

最後の一品。
モノラルゾンビ×仙波清彦&カルガモーズ+ノイズカレー
「ヒデヲパルーザ」@ワイルドサイドトウキョウ
…がどんなだったかを言葉で表しきれないので、絵にしてみたよ。

こんな日でした!

box_f
box_h
2018年03月08日

20180309 @新宿ワイルドサイドトウキョウ
大西英雄誕生日記念「ヒデヲパルーザ 」
Monoral Zombie×仙波清彦&カルガモーズ
オープニングアクト&フード:ノイズカレー

 

 

いよいよ迫ってきましたヒデヲパルーザ!
当日は大変混雑が予想される(嬉しい悲鳴!)。
ここで、”より楽しく!”パルーザを楽しむため、開催に向けての諸々を書いておくよ!

 

<ヒデヲパルーザに向けての諸々>

〇大西英雄・個人へのメール等の前売り予約
当日3/9は、私大西英雄は会場ついてからずーっ と出番がありますんでバタついておる。
なので、私個人にメール等での前売り予約は、 当日昼12時までとさせてくださいな!

 

〇ワイルドサイドトウキョウのHPによる予約
3/9、開場時間の18時半までは、ワイルドサイドトウキョウのHPで前売り予約できるようにしとくよ。

http://ws-tokyo.com/schedule/19615/

 

〇オールスタンディング
会場はオールスタンディング。基本椅子等は無いけど、疲れた人用の木の椅子を補助で用意しておくよ。
疲れた人は後ろで座って下さいな。(ただし座ると見えません)

 

〇出入OK
ワイルドサイドトウキョウのチケットを持っていれば、会場の出入りは自由だよ。
ここはひとつ、ちょいと外の空気を吸いにいこうかな、とかできるよ。

 

〇喫煙所
受付でて、廊下を歩いてったとこに喫煙所を設けるよ。(トイレもある)
基本、会場は禁煙ではないけど、大変混雑な恐れアリなので火は危なくねーかな。
できれば喫煙所でたばこ吸った方が、色々良いんじゃねーかな!

 
〇コインロッカー
会場にロッカーあり。荷物が多い人はそちらへどーぞ!
たとえ、ワイサイがホームなバンドだとしても、勝手に楽屋に荷物おかないでね~!
(せめて断って!)

 

 

と、そんな感じ!
あとは、みんなで楽しくやるのみじゃ!
待ってるよ!
一緒にアッチに行きましょう!

 

box_f
box_h
2018年03月07日

さて、
3/9「ヒデヲパルーザ」Monoral Zombie×仙波清彦&カルガモーズ
が、着々と近づいてきてる今日この頃。

ヒデヲデザイン版のモノラルゾンビ新作バッヂ発売決定!
その他、ついでの不思議バッヂシリーズ新作。
さらに、再販も色々決定!

3/9@ワイルドサイドトウキョウより、発売するよ。
バッヂはそれぞれ、200円。
ただし、洒落で作った、どデカバッヂ(大)だけ500円!
どーぞよろしく!

 

 

モノラルゾンビバッヂ新作!!ヒデヲフォントのモゾ!
「Monoral Zombie ”MO”ブラック」(NEW!)&「Monoral Zombie ”ZO”ホワイト」(NEW!)

 

 

 

リクエスト(があった気がする)に応え、人気バッヂの再販だ!
「Monoral Zombie手描きロゴ・ブラック」(再販)&「Monoral Zombieネオフォント・ホワイト」(再販)

  

 

 

一度作ってみたかった、どデカバッヂ!デカいです!
「Monoral Zombie 手描きロゴ・ブラック」(100mm)

 

 

さて、ここからは、どうしても個人的に作りたくなっちゃったコーナー。

何故か、極少数の人達に熱烈に販売を希望された一品。
「大西英雄公式デザイン・東京オリンピックエンブレム”東オ”」

 

「ヒデヲパルーザ」開催記念、イエローフィーバー!
お気に入りの黄色バッヂ再販であります!
「Monoral Zombie 手描きロゴ・イエロー」(再販)  &  「マドラー・イエロー」(再販)

  

box_f
box_h
2018年03月05日

0309 大西英雄誕生日記念「ヒデヲパルーザ」
Monoral Zombie×仙波清彦&カルガモーズ

…に向けてカウトダウンとなってきた今日この頃。

たいへんお待たせなこの企画!
前回のモノラルゾンビのイベントをおさらいしてテンション上げよう、の、コーナー。

そう、前回のゾンビ企画は、まさにゾンビが40名になったとも評判のディープワンマンだ。
その時の写真を一気にアップだ!

カメラマンは、臼井拓郎。
http://takurousui.com/

はっきり言って、ライブ写真の域をはるかに超え、勝手にアート化してる。
あの時の興奮を思い出すつもりが、さらにアッチに飛ばされる!
心して見ろ!!

20170901 Monoral Zombie 
ワンマン40名限定ライヴ<完売御礼>@新宿メリーゴーランド
photo by Takuro Usui

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

box_f
box_h
2018年02月23日

先日の渋さ知らズオーケストラで、愛知の知立に行った時のよもや話。
そういえば、「知立」も「池鯉鮒」も、「ちりゅう」と読むことが判明し、かなりワナワナなったが。

そんな知立から新東名での帰り道。
あまりに富士山がデーンと構えていたので、思わず撮った写真が。
とてもナイスにクラフトワーク感が出まくっていたので、ここに載せておくよ。

 

新東名からの帰り道の富士山写真のクラフトワーク感。

 

こちらが本家「クラフトワーク/アウトバーン」のジャケ。

 

うーん、とても良い。
見えてる山が富士山で、走ってる車がクロネコという、気が利きまくってる写真。
これは、私にテクノのアルバムを作れという啓示ではなかろうか、ってくらい良い写真だ!

というわけで、妄想テクノアルバムジャケ。

いつの日か、BPM遅めのゆったりクラシックテクノアルバムを出したいね!
よーし。

 

 

そうそう、ちなみに。
知立でライブやったとこは、素晴しくステキなホールだったんだけど。

 

はるか高ーーーいとこにある窓に、私が映ってのがちょっと面白かった。

 

 

おまけ写真。

帰りのサービスエリアで、アホほど食べたわんぱくご飯。
味噌カツ定食と煮干しラーメンの二刀流セット。
まわりは、トラックの運ちゃんばかしの硬派な定食屋であった。

box_f