ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
2017年04月11日

激烈なスケジュールの合間をぬって、
「モアナと伝説の海」
を観てきたよ。

とーても面白かった!
とーても映画らしい映画!
超王道のストーリーなのに、とーても興奮する活劇だった!

でもさ。
最近さ、ディズニーとピクサーの違いがよく分からないんだよね。
昔はもうちょっとちゃんと別れてた気がするが、今、とてもグレイゾーン。
私は、ディズニーもピクサーも大好きなんだけど。
ディズニーを観るときの心持ちとピクサーを観るときの心持ちは、ちょっと違うんだよ。

モアナは、ピクサーにしか見えないけど、ディズニー映画らしい。
で、確かに蓋をあけてみたら、確かにとても立派なディズニー映画だった。

次は、ピクサーの映画が見たい。

 

ところで、映画館から出た夕方の豊洲は。
まるで鉄コン筋クリートの世界観であった。

ゴウンゴウンゴウンゴウン!!

box_f
box_h
2017年04月10日

20170330 monoral zombie@wild side tokyo (photo by よっしー)

 

はてさて。
3/30@新宿ワイルドサイドトウキョウ
レコ発ワンマンをモーレツに駆け抜け、無事生還したモノラルゾンビだが。

この後、さらに二つのホームグラウンド的ライブハウスでレコ発イベントを組んでくれておるんだよね。
新松戸ファイヤーバードと越谷イージーゴーイングス。
どちらも、とても個性的にヤバいナイトになりそうな雰囲気がバンバンでておる。
というわけで、それぞれの特徴をば。

 

 

まず。
4月21日(金) レコ発新松戸編!@新松戸ファイヤーバード

こちらは、我々がファイヤーバードで出会ったバンドの中で無茶苦茶愛してやまないバンド「無限放送」
そして、彼の顔を見るととてもハッピーな気分で演奏できる「熊代竜太朗」
そんな両極端な二組を中心に、あとは策士・店長ダイゴが色々思いを巡らせバンド集結。
ドブロク/riverロマンチック日本代表!!!/メロマランディ

うーん楽しみ!!

そして、

5月02日(火) レコ発越谷編!@越谷イージーゴーイングス

こちらは、越谷で出会ったステキ過ぎるバンド群を大集結。
我々から依頼する前に、すでにスケジュールを空けてくれていた大本命「今西太一とミスターマックス」
一瞬でその世界観に連れてかれる、松崎ナオ率いる超絶トリオバンド「鹿の一族」
キケンだけどなぜか愛くるしいツンデレバンド「テコの原理」
彼らの顔を見るとなんとも嬉しくなる愛すべき奴ら「arahabaki」
そして1バンドだけ越谷初出演の外様枠、モノラルゾンビ大推薦「VERONICA VERONICO」

 

どちらのライブも、とーてもオススメに激熱であります!
この際、3/30の新宿、4/21の新松戸、5/2の越谷。
全てコンプリートしてみるのも、これまた一興ですな~。

きっと、ヤバい世界にいけます。
一緒にアッチに行っちゃいましょう!

 



4月21日(金) 
Monoral Zombie-レコ発新松戸編!@新松戸ファイヤーバード

“monoral zombie First Full Album Relase party”
OPEN 18:00 START 18:45
TICKET 前売\2,700/当日\3,200 ※1drink charge
※18:45までにご来場の方は追加1drink present

ACT
・monoral zombie
・ドブロク
・riverロマンチック日本代表!!!
・無限放送
・メロマランディ

【レッドステージ】
・熊代竜太朗

http://www.aj-group.co.jp/firebird.html

 


↑テコの原理が手描きで作ったフライヤーがあまりにキュートなので、思わず拝借。

 

5月02日(火) Monoral Zombie-レコ発越谷編!@越谷イージーゴーイングス

Monoral Zombie×隊長 presents[モノゾン激]
~First Full Album Monoral Zombie✳︎ Release GIG!!~

Monoral Zombie
鹿の一族
今西太一とミスターマックス
VERONICA VERONICO
arahabaki
テコの原理

open/17:30 start/18:00
前売/2000 当日/2500

http://www.easygoings.net/

 

おまけ。
モノラルゾンビ一触即発「文句あんなら表でろや!」写真。
(photo by タクちゃん)

 

モノラルゾンビ、レコ発以外にもゾクゾクとライブが決まって来ておりまーす。
追加ライブも含め、スケジュールチェックしてみてね。
解散しないよう頑張りまーす。

大西英雄HPライブスケジュール → http://www.hideodrum.com/schedule/
Monoral Zombie HP → http://monoralzombie.wixsite.com/monoralzombie

box_f
box_h
2017年04月04日

とりあえず、週末をおさらい!

4月1日は四月馬鹿の渋さ知らズオーケストラ@新宿ピットイン。
であった。

ピットインに40人あまりのメンバー…。
入りきるのか?って思ったが、なんとかおさまる。
おさまってないとも言うけど。


不破さんの写真をば、拝借。
この写真で音曲隊のみ、ここにダンサー&パフォーマーが沢山加わるのであしからず。

 

渋さ知らズとして、私はピットイン初参戦。
パンパンのお客さんが笑いながら陶酔してく、魔の空間はとーても気持ち良かったなぁ。
ハコやイベントにより、著しくライブの内容が変わる渋さ知らズ。
ピットインならではのディープなライブを、どっぷり満喫したよ。

 

 

そして。
次の日、4月2日。
やもとなお@川崎クラブチッタ。
やもとなおこ(ギターボーカル)、大西英雄(ドラム)、Juna Serita(ベース)
な、トリオ編成でのライブだったよ。

 

 

私が20歳前半のころ、クラブチッタは熱く前傾姿勢なライブを沢山やっててさ。
当時、リビングカラ―・フィッシュボーン・チンバラーダ等、エグいライブを目の当たりにした会場なので、思い入れもたっぷり。
しかし、しばらくぶりの川崎駅があまりにも変わっちゃってて、右も左も分からず。
あんなに通ったチッタなのに、どこにあるか分からぬ始末。
まったく面影のなくなった川崎、たたずまいすら変貌してオシャレ空気になってしまったチッタに愕然とするも。
チッタの天井の星を発見し嬉し!
昔の面影を唯一残す星に、たっぷりと愛着を感じ、熱い気持ちになったよ。

 

ライブはトップバッターの15時半。
トリオ編成にも関わらず、広く分厚いサウンドになれて。
歌声も遠くまでのびるのびる!
チッタの空間をたっぷり味わいつつ、熱いライブをしっかり楽しんだよ。

 

ちなみに16時に演奏が終わってしまったので、そのまま夕方から飲んだくれモード。
いい演奏の後は、ビールが美味い。
しかも、酔っ払いながら見るセックスマシンガンズが、サイコーであった。

っつーわけで。
このトリオは楽し!再演希望す。

 

モノラルゾンビワンマン後も、熱いライブが続くわたくし。
モノラルゾンビは突然決まった4/14@下北沢QUEから、ぶっ飛ばしていくよ。

その前に、
孤独のグルメ原作者でお馴染みの久住昌之の大所帯バンド。
4/7(金) 久住昌之オーケストラQ@高円寺ジロキチ

大物ばかりでるフェスに参戦の渋さ知らズ。
4/8(土) 渋さ知らズオーケストラ「SYNCHRONICITY’17」@TSUTAYA O-EAST

 

二人かオーケストラという極端な活動が続く私でありますが。
春も全力でいくぜい!!

box_f
box_h
2017年04月02日
IMG_20170331_184135_673.jpg IMG_20170402_130834_057.jpg

ぴや~っと。
モノラルゾンビワンマンのスペシャルな余韻に浸った中。

ワンマン翌日は、人生初のはとバス観光。
天井の空いた2階建てバスから春の桜を眺める1時間コース、という、とてもナイスな企画だったんだが。
これがなんの因果か真冬のような極寒で、尚且つ、途中から雨まで降るという残念展開。

(チョイ咲き)桜が目の前に迫り、いつも見ている街が全然違う角度から見れたり、と、ステキ発見がいっぱいあったものの兎に角体が芯から冷え、カプチーノが染みる。

しかし、とても凝ってるラテアートが何の絵だかさっぱり分からない。
そもそも、カプチーノなのにラテアートって言うんだろか。

チーノアートか。
いや、プチーノアートの方がいい。

box_f
box_h
2017年03月31日

楽しかった!!
20170330 Monoral Zombieファーストアルバムリリースワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

ホントに楽しかった!!
一生忘れらんないヤツだよ。

今回、とことんやった。
モノラルゾンビのすべてをさらけ出したよ。過去も現在も未来も。

リハから本番まで一気に駆け抜け遊びほうけてたせいか、写真一枚も撮ってないよ。
えてして、そんなもんだ。
(実は、みゆきちゃんがバニーガールの恰好でカップラーメン食べてる写真だけ一枚残ってたけど…)

こんなモノラルゾンビの悪だくみに本気で付き合ってくれた、
VJ青山健一、ノイズカレー、スペシャルサンクスノーパフォーマーズの面々、ワイルドサイドトウキョウ。
あんたら、サイコーだよ!
また、一緒に悪だくみしよう!

 

 

そして、あらためて。
昨日は集まってくれたみんな、ほんとにありがとう!

無茶苦茶沢山の人達が見とどけに来てくれて、ホントに嬉しかった!
全員で叫んで、全員で踊って、全員でトランスして、全員で新たな扉を開いたよ。
まだ見ぬとことこに行けたよ。
そしてそれは、尋常じゃなく気持ちいい場所だった!
とてもモノラルゾンビだった人達、つくづくしみじみありがとう!!
みんなサイコーだ!

今まで色んなバンドやってたけど。
こんなにお客さんに愛されてて、こんなに共演したバンドに愛されてて、こんなに出演したライブハウスに愛されてるバンドは無かったな。

昨日のあの光景を思い出したらさ、これから一生音楽やっていけるなって確信できるよ。
あんなステキなことが待ってるなら、心の底から、音楽やってきて良かったって思えるよ。

みんなとってもありがとう!
アイシテマス!

box_f
box_h
2017年03月29日

 

というわけで!
本日午後、届いたよ!
モノラルゾンビの1stアルバム!

いや~、レコ発ワンマン前日。
ギリギリもギリギリ。
内容もギリギリ、グルーヴもギリギリ、納期もギリギリ。
ギリギリ尽くしの実にモノラルゾンビらしいアリバム。

[MONORAL ZOMBIE / make some noise. loud your song.]

モノラルゾンビ渾身のアルバムであります!
是非、みんな聞いて欲しい。

 

ちなみに。
このアルバムのマスタリングが終わった頃。
音源を試し聞きしながら車運転してたらさ。
5曲目のラティールで、完全にトランスしてしまい。
いつの間にか車のスピードがメチャメチャ出てて焦った。

ラティールでのスピード違反にくれぐれも注意してください!

 

さて。
とういうわけで、いよいよ明日!
3/30 モノラルゾンビ(ホントに)レコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

とーーーーーてもお待ちしております。

2017年03月30日(木) @新宿WildSideTokyo
1st Album<Monoral Zombie*>
Release Oneman LIVE【Monoral Zombie*】

http://ws-tokyo.com/

開場 18:30/開演 19:30
1st Stage 19:30~
2nd Stage 21:00~

前売 ¥2000+1D 当日 ¥2500+1D
学割¥1000(学生証提示)+1D
(飲み放題 +¥1500)

BAND:Monoral Zombie*
VJ:青山健一 (渋さ知らズ)http://aoken.info/
Food:Noise Curry (acoustic)

Special Thanks No Performers:
デニーロさくらい(目&デニーロさくらい)
サクササイザーYOKKE(サクササイザー)
骨(meDag.)
猫(meDag.)
目(目&デニーロさくらい)
みゆきバニーガール(polygonum)
いるみるく(縛り師)
遥羽

box_f
box_h
2017年03月28日

え!?
明後日??マジで??
3/30(木) モノラルゾンビレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

っつーわけで。
今回のワンマンライブで、数少ないホントにパフォーマンスする人を紹介するよ。

VJの青山健一氏。

アオケンさんと の出会いは結構古いはずだが、ちゃんと認識できたのは、トランペット辰巳さんが率いる宇宙遊泳トリオ・スペースバーでVJをやってたのを見てからだな。
「VJってより、アニメーション作家だな~こりゃ!」って思える映像の肉体性ともっていかれ具合にやられてさ。

 

 


ちなみに、これは昨年8月のスペースバーとモノラルゾンビの2マンライブの写真。一番左がアオケンさん。
何故か、スペースバーとモノラルゾンビのカップリングはとても気持ち良いのだ。

 

で。
ついでに、
昨年、私が渋さ知らズオーケストラのツアーに参加して。
上越市専敬寺(せんきょうじ)なる、かなる古い、しかもめちゃデカいお寺でライブやったんだけど。
これは、ホント圧巻に楽しくてさ。

 

しかも、その時のアオケンさんのVJはキレッキレで。
本尊にすら光をあてて、グリングリンと映像を浮遊させてて。
お盆にご先祖様がホントに踊りに来ちゃいそうな、非現実感が凄すぎて
私の中でも、とーても忘れらないライブのうちの一つになってるんだけど。

なぜか、そのライブの模様がyoutubeにあがっておるので、ここで紹介するよ。

 
<渋さ知らズオーケストラ2016@上越市専敬寺 part1・2・3>

 

 

いや~、今みてもスゲーな。
また、ここでライブやりてーな。

…といわけで。
現世でアッチに浮遊したければ、3/30に新宿へ!!

 

2017年03月30日(木)@新宿WildSideTokyo
Monoral Zombie 1st Album Release Oneman LIVE

モノラルゾンビ2ステージ!:19:30&21:00
スペシャルゲストVJ: VJ:青山健一 (渋さ知らズ)
フード:ノイズカレー(アコースティック)
ペンギン村軍団:スペシャルサンクス・ノーパフォーマーズ 

詳しくはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8466

box_f
box_h
2017年03月27日

あーー!
とんでも無く近づいてきたよ!
3/30(木) モノラルゾンビレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

さて。
ここで新情報であります。
モノラルゾンビの新物販、ニューバッヂ登場であります!

 

今回のモノラルゾンビ1stアルバムは、相方であるタナリューこと棚田竜太が完全デザイン。
↓画像はコチラ
http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8490

あまりにもキレッキレで興奮するデザインをピシっとキメ(やがっ)たから!

コチラのニューバッヂは、私・大西英雄のデザインだよ!
タナリューのCDのカッコ良し&隙がないデザインとは裏腹に、
私のバッヂは、ファンシー&隙だらけであります。

そして、今回。
どうしても我慢できずイエローも若干数制作だよ。

 

「Monoral Zombie手書きロゴ・ブラック」 & 「Monoral Zombie手書きロゴ・イエロー」
 

 

「646・ホワイト」 & 「646・イエロー」

 

 

「PTA・ブラック」

 

それぞれ200円~。
今回のワンマンから発売開始!
どうぞよろしくね!!

 

2017年03月30日(木)@新宿WildSideTokyo
Monoral Zombie 1st Album Release Oneman LIVE

モノラルゾンビ2ステージ!:19:30&21:00
スペシャルゲストVJ: VJ:青山健一 (渋さ知らズ)
フード:ノイズカレー(アコースティック)
ペンギン村軍団:スペシャルサンクス・ノーパフォーマーズ 

詳しくはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8466

 

モノラルゾンビHP
http://monoralzombie.wixsite.com/monoralzombie

 

box_f
box_h
2017年03月26日

電気グルーヴ@ZEPP TOKYOに行ってきた!!
この期に及んで大充実の新譜「トロピカルラブ」を発表した彼らの、トロピカルラブツアーファイナル。
いやはや物凄かった!とんでもなかった!デンジャーでキュートだった!
つくづく行って良かった!

 

アルバムも凄かったのに、ライブはそれを軽々と凌駕し、さらにアッチへコッチへとグングン飛ばされる。
まさか、「プエルトリコのひとりっ子」があんなガン上げチューンになるとは、完全に油断!
中盤の「新幹線」で、もう信じられないくらいガン上がりしちゃって。
もうその後のこと良く覚えてない。

脳の中がグリングリン動かされ、時系列がパルプフィクションの如く無茶苦茶にされた気分。
こんな感覚初めてだ。
途中のMCで、石野卓球が「天国より地獄の方が良いよね、アトラクションいっぱいあるから」
って、とてもしょーもない話ししてたのは、妙に覚えてる…。

 

後半戦は、もー、ずーーーーと気持ちいいまま。
天地も前後も後先も分からぬまま、 ほわーーーーんと開きっぱなし。

「フォーリンダウン」「ベビーオンファイヤー」のキレと圧が格段アップされた凄味にビックリ昇天。
「NO」でフィニッシュかと思いきや、その後新譜の曲を2曲やって本編を終わる大横綱相撲。
「ユーフォニック」で、宇宙船から地球を見てるかの如く、ピロピロとたゆたゆと遊覧し。
「トロピカルラブ」は、もう「愛」でしかない。

 

 

アンコールMCの時、
「今日はツアーファイナルだから、写真撮っていいよ!」と。
今回のツアーがとても充実してたことが、じっくり伝わってくる一コマ。

 

昨年のフジロック、レッチリ後にやったクロージングアクトの電気グルーヴの大歓喜。
そして、石野卓球が発表した官能のテクノ「ルナティック」
(今回のライブのSEで、ずーっとルナティック流れてたの笑ったな。卓球ミュージック以外全くかからない一日だった)
で、今年、満をじしての電気グルーヴ新譜「トロピカルラブ」

ここにきて、なぜこんな凄いことになっちゃってんだか訳が分からぬ、加速する電気グルーヴ。
音は澄み、グルーヴは大きく、ループがループを呼び、細胞は分裂し、脳が溶ける。

気づかぬうちに、ストーンと石野卓球のデンジャーでドープな穴に落とされ抜け出れなくなる。
そして、まるで観音菩薩のようなピエール瀧の笑顔にとても救われる。
前も書いたけど、つくづく「電気グルーヴ」って名前がカッコ良い。

電気グルーヴ・トロピカルラブツアー。
とてつもなくトロピカルで、とてつもなくラブな夜であったよ。

box_f
box_h
2017年03月23日

 

 

おおおおお。
後一週間である。
3月30日(木) モノラルゾンビレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

アルバムを発売すること自体にも興奮してるのに、ワンマンでやりたいこともいっぱいあって。
もう脳の中がパンパンです。
脳内麻薬でてホワホワピリピリスコーン。。。。
何かなんだか分かりません。
スイマセン。

昨日は、VJの青山健一氏とワイルドサイドトウキョウへ。
現地を観ながら、色々悪だくみ。
色々決まってきたし、朧げながら全貌が見えてきたよ。
きっと、アッチに飛べます。
まだ見ぬトコ行けます。

とんでもなく待ってます!
よろしく!

 

 

2017年03月30日(木)@新宿WildSideTokyo
Monoral Zombie 1st Album Release Oneman LIVE

モノラルゾンビ2ステージ!:19:30&21:00
スペシャルゲストVJ: VJ:青山健一 (渋さ知らズ)http://aoken.info/
フード:ノイズカレー(アコースティック)
ペンギン村軍団:スペシャルサンクス・ノーパフォーマーズ 

詳しくはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8466

box_f