ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Monthly
Category
dicography_f
box_h
2017年03月27日

あーー!
とんでも無く近づいてきたよ!
3/30(木) モノラルゾンビレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

さて。
ここで新情報であります。
モノラルゾンビの新物販、ニューバッヂ登場であります!

 

今回のモノラルゾンビ1stアルバムは、相方であるタナリューこと棚田竜太が完全デザイン。
↓画像はコチラ
http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8490

あまりにもキレッキレで興奮するデザインをピシっとキメ(やがっ)たから!

コチラのニューバッヂは、私・大西英雄のデザインだよ!
タナリューのCDのカッコ良し&隙がないデザインとは裏腹に、
私のバッヂは、ファンシー&隙だらけであります。

そして、今回。
どうしても我慢できずイエローも若干数制作だよ。

 

「Monoral Zombie手書きロゴ・ブラック」 & 「Monoral Zombie手書きロゴ・イエロー」
 

 

「646・ホワイト」 & 「646・イエロー」

 

 

「PTA・ブラック」

 

それぞれ200円~。
今回のワンマンから発売開始!
どうぞよろしくね!!

 

2017年03月30日(木)@新宿WildSideTokyo
Monoral Zombie 1st Album Release Oneman LIVE

モノラルゾンビ2ステージ!:19:30&21:00
スペシャルゲストVJ: VJ:青山健一 (渋さ知らズ)
フード:ノイズカレー(アコースティック)
ペンギン村軍団:スペシャルサンクス・ノーパフォーマーズ 

詳しくはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8466

 

モノラルゾンビHP
http://monoralzombie.wixsite.com/monoralzombie

 

box_f
box_h
2017年03月26日

電気グルーヴ@ZEPP TOKYOに行ってきた!!
この期に及んで大充実の新譜「トロピカルラブ」を発表した彼らの、トロピカルラブツアーファイナル。
いやはや物凄かった!とんでもなかった!デンジャーでキュートだった!
つくづく行って良かった!

 

アルバムも凄かったのに、ライブはそれを軽々と凌駕し、さらにアッチへコッチへとグングン飛ばされる。
まさか、「プエルトリコのひとりっ子」があんなガン上げチューンになるとは、完全に油断!
中盤の「新幹線」で、もう信じられないくらいガン上がりしちゃって。
もうその後のこと良く覚えてない。

脳の中がグリングリン動かされ、時系列がパルプフィクションの如く無茶苦茶にされた気分。
こんな感覚初めてだ。
途中のMCで、石野卓球が「天国より地獄の方が良いよね、アトラクションいっぱいあるから」
って、とてもしょーもない話ししてたのは、妙に覚えてる…。

 

後半戦は、もー、ずーーーーと気持ちいいまま。
天地も前後も後先も分からぬまま、 ほわーーーーんと開きっぱなし。

「フォーリンダウン」「ベビーオンファイヤー」のキレと圧が格段アップされた凄味にビックリ昇天。
「NO」でフィニッシュかと思いきや、その後新譜の曲を2曲やって本編を終わる大横綱相撲。
「ユーフォニック」で、宇宙船から地球を見てるかの如く、ピロピロとたゆたゆと遊覧し。
「トロピカルラブ」は、もう「愛」でしかない。

 

 

アンコールMCの時、
「今日はツアーファイナルだから、写真撮っていいよ!」と。
今回のツアーがとても充実してたことが、じっくり伝わってくる一コマ。

 

昨年のフジロック、レッチリ後にやったクロージングアクトの電気グルーヴの大歓喜。
そして、石野卓球が発表した官能のテクノ「ルナティック」
(今回のライブのSEで、ずーっとルナティック流れてたの笑ったな。卓球ミュージック以外全くかからない一日だった)
で、今年、満をじしての電気グルーヴ新譜「トロピカルラブ」

ここにきて、なぜこんな凄いことになっちゃってんだか訳が分からぬ、加速する電気グルーヴ。
音は澄み、グルーヴは大きく、ループがループを呼び、細胞は分裂し、脳が溶ける。

気づかぬうちに、ストーンと石野卓球のデンジャーでドープな穴に落とされ抜け出れなくなる。
そして、まるで観音菩薩のようなピエール瀧の笑顔にとても救われる。
前も書いたけど、つくづく「電気グルーヴ」って名前がカッコ良い。

電気グルーヴ・トロピカルラブツアー。
とてつもなくトロピカルで、とてつもなくラブな夜であったよ。

box_f
box_h
2017年03月23日

 

 

おおおおお。
後一週間である。
3月30日(木) モノラルゾンビレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウ

アルバムを発売すること自体にも興奮してるのに、ワンマンでやりたいこともいっぱいあって。
もう脳の中がパンパンです。
脳内麻薬でてホワホワピリピリスコーン。。。。
何かなんだか分かりません。
スイマセン。

昨日は、VJの青山健一氏とワイルドサイドトウキョウへ。
現地を観ながら、色々悪だくみ。
色々決まってきたし、朧げながら全貌が見えてきたよ。
きっと、アッチに飛べます。
まだ見ぬトコ行けます。

とんでもなく待ってます!
よろしく!

 

 

2017年03月30日(木)@新宿WildSideTokyo
Monoral Zombie 1st Album Release Oneman LIVE

モノラルゾンビ2ステージ!:19:30&21:00
スペシャルゲストVJ: VJ:青山健一 (渋さ知らズ)http://aoken.info/
フード:ノイズカレー(アコースティック)
ペンギン村軍団:スペシャルサンクス・ノーパフォーマーズ 

詳しくはコチラ

http://www.hideodrum.com/hideonoma/?p=8466

box_f
box_h
2017年03月21日

ついに発表!
これがモノラルゾンビ、1stアルバムのジャケットだ!!

どどーーーーん!

 


[MONORAL ZOMBIE / make some noise. loud your song.]

01. Sue bell’s Lee
02. 646
03. Girl-friend
04. Te Te Te
05. You Know my Name
06. Latyl She’s in the Floor
07. Kiiro Ten
08. METEOR
09. Jac koo Choo
10. dub me do
11. P.T.A.

¥2000+tax 「Live venue limited」

 

うーん、アガルぜ。

今回のアルバム、パッケージデザインは、モノラルゾンビの相棒のタナリューこと棚田竜太だ。
やるやる、とは聞いていたか、この期に及んで突然なかなかやる男である。

いや~まいった。
この健康優良不良少年的興奮、たまらんぜ。

っつーわけで。
まずは、
3月30日(木)のワイルドサイドトウキョウより、 ライブ会場にて発売であります。

渾身のサウンド。
もう、ホント、是非是非聞いて欲しい!

 

あ、それにともない。
モノラルゾンビHPも色々更新されてるんで、チェックしてみてね!

http://monoralzombie.wixsite.com/monoralzombie 

押忍!!

box_f
box_h
2017年03月19日

リサ、か、ガスパール。
…ってなことはさておき。

先週のおさらいをば。

 

 

渋さ知らズの鍵盤奏者・山口コーイチと映像青山健一による音と絵の即興ライブを見に入谷のなってるはうすへ。
これが、圧巻に面白くて。
音が映像のBGMにはなってなくて。
映像が音に対しての背景にもなってなくて。
音と絵が完全にフィフティーフィフティー。
っつーか、もうこの二人でバンドだな。

嫉妬するくらい面白かった!

そんなアオケンさんこと青山健一氏は。
我らがモノラルゾンビのレコ発ワンマンにゲストVJで出演してもらうんだよね。
ノーパフォーマーズばかりのイベントゲストな中、ホントにパフォーマンスする側の人で登場。

これは、もう楽しみでしかない。
どーっぷりアッチに行っちゃおう!

3月30日(木)は、Monoral Zombieレコ発ワンマン@新宿ワイルドサイドトウキョウへGO!!!

モノラルゾンビとVJアオケンのコラボライブは、たぶん絶対やばい!
とんでもないことになるはず。

 

先日。
久々に、やもとなおこのリハがあったんよ。
今回は、ベースにJUNAちゃんが入ったトリオ編成。

ことトリオ、当たりです!
とても楽しいです!
そして、流石のやもとなおこ。相変わらずのパワフルさ。
ライブは、4月2日にクラブチッタ川崎。
楽しみであーる!

 


4月02日(日) やもとなおこ@川崎CLUB CITTA’

『Dream Kingdom 』~ロックの伝承強化書~

ゲスト
■山本恭司(BOWWOW,WILD FLAG)
SEX MACHINEGUNS

ACT
■大山まき(Dr.山口PON昌人)
Rie a.k.a. Suzaku/やもとなおこ
QUORUM/ARESZ/EREBOS

■前売3,000円(D別) ■当日3,500円(D別)

やもとなおこ サポートアーティスト!Dr. 大西英雄 Ba.JUNA SERITA
出番はトップバッター、15時半から

 

 

一昨日。
久しぶりにNaoeさんのライブを、荻窪ルースターの歌謡曲演奏班で!

長澤紀仁(g) 赤石香喜(pf) 岩佐真帆呂(sax) マツモニカ(hrm) ぶちかま志郎(b) 大西英雄(ds)
洋楽と邦楽が入り乱れるジェットコースターなライブだったが。
このステキ過ぎる安心感&信頼感のメンバーとともに、無事ゴールにたどり着きました。
楽しかったなぁ。

しかし、ここ荻窪ルースターでは。
場所的に、どうしてもなかなか、ドラマーである私は写真に写らないんであります。。。

 

ちなみに。
見てくれていたお客さんに、
「恋人よの二番で入ってきたドラムがステキだった。」
と褒められたよ。
なんとも渋い、目のつけどころ過ぎ。

1番まるまるお休みな「恋人よ」は、なかなかドラムインのとこが難しいのであーる。
地味に嬉しい。

box_f
box_h
2017年03月14日

ニョロニョロのお菓子をプレゼントされた時に、ニョロニョロパーカーを着てた奇跡。。。

そんなことはさておき。
3/30(木) モノラルゾンビレコ発ライブの詳細が出ておりますのです。
ギリギリレコーディングスケジュールを経てるので、詳細もギリギリ、内容もギリギリであります。

ここで一言メモトピックで紹介するよ!

<3月30日のポイントだコレだ!>
〇モノラルゾンビ、ワンマン2ステージ!とことんやります。
〇ファーストアルバムは、順調にギリギリです。
〇スペシャルゲストVJ、渋さ知らズから青山健一。一緒に飛ぼう!
〇フードはノイズカレーをどうぞ。ただしアコースティック。
〇そうそうたるスペシャルサンクス軍団ノーパフォーマーズは、その名のとおり何もしません。
〇困ったことに、呑み放題あります。

〇つまり、とてもモノラルゾンビな一日であります。
〇騙されようがなんだろうが、来てください。


2017年03月30日(木) @新宿WildSideTokyo

1st Album<Monoral Zombie*>
Release Oneman LIVE【Monoral Zombie*】

http://ws-tokyo.com/

開場 18:30/開演 19:30
1st Stage 19:30~
2nd Stage 21:00~

前売 ¥2000+1D 当日 ¥2500+1D
学割¥1000(学生証提示)+1D
(飲み放題 +¥1500)

BAND:Monoral Zombie*
VJ:青山健一 (渋さ知らズ)http://aoken.info/
Food:Noise Curry (acoustic)

Special Thanks No Performers:
デニーロさくらい(目&デニーロさくらい)
サクササイザーYOKKE(サクササイザー)
骨(meDag.)
猫(meDag.)
目(目&デニーロさくらい)
みゆきバニーガール(polygonum)
いるみるく(縛り師)
遥羽

box_f
box_h
2017年03月11日

モーレツな日々を過ごしておるよ。
そんな徒然。

 

昨日はモノラルゾンビのレコーディング。
ついにマスタリングが終了したよ。期限ギリギリ、音圧もギリギリだ!
ヤバい音源になった事の余韻に浸りながら、モノラルゾンビの二人はとてもファンシーなケーキをほおばるのであった。


そして、夜は吉祥寺スターパインズカフェで渋さ知らズ劇場。
東京国際バリトンサックスフェスティバル…ってのあるのね。


11人編成の渋さ知らズ、ライブはとっても楽しかった!
不破さんとはエレキベースでしか一緒に音を出してなかったが、前回と今回は、ウッドベースでの共演。
かっけーす。


そして、本日。
3月11日は、モノラルゾンビ@新松戸ファイヤーバード。
3/30のレコ発ライブ前最後のライブになってしまった今回。
きっと、何かが起きるでしょう。

ファイヤーバードは、もう第二のホームグラウンドになりつつあるんだけど。
やっぱ、その奇想天外な気概と面白追求精神が大好きでさ。
2月に出たファイヤーバードのライブもとっても楽しかったので、ここで振り返ってみるよ。

先月2月21日の話。
ユキンコアキラ、臥狂VS川サキ、ロットン瑠唯xウエダテツヤ。
私は、リンx大西英雄(ライペ+ドラム)での出演。
ライブペインティング(ファイヤーバードでは「ライぺ」と略すのがトレンド)がのべ4組もでるアッパー企画。
こういう尖がった企画があるから、ファイヤーバードは好きだ!

今回のライブペインティングもポップに楽しかった!
こういう脳が覚醒するライブは大好物である。

 

動画も発見!
ライブペインティングだ!って言ってるのに、歌とドラムを楽しんでるの図。

 

そして、2月25日のファイヤーバード10周年イベント。
超久々のRATとの再会に心を熱くし。
初対面のアブラジョーに兎に角興奮!
これがあるから、バンドは辞められん。

モノラルゾンビ、レコーディングをしてさらに覚醒中。
最近、さらにライブが楽しいのであります。

 

コチラも動画発見!
ベースとドラムで全員、モノラルゾンビどうぞよろしく!

 

というわけで、3月30日レコ発の詳細が出た!
が、それは明日報告しまーす!

お楽しみに!

box_f
box_h
2017年03月07日
IMG_20170306_151824_965.jpg IMG_20170306_152609_490.jpg IMG_20170304_124336_979.jpg IMG_20170307_153508.jpg

怒涛のスケジュールの合間をぬって、ローソンのパンのシールを貯める日々。
ラストスパートがかなりキツかったが、無事入手したハローキティ皿。
その名も四角いおさら。

ちなみに、モノラルゾンビのレコーディング日程ギリギリ強行軍は、ジリジリと進展。
ほぼ完成なミックスダウントラックを保存してる、不気味な笑みを浮かべる我がUSB。

というわけで、本日。
北越谷ゴリゴリハウスにてモノラルゾンビであります。
グレゴリスタジオの4階にあるゴリゴリ。

box_f
box_h
2017年03月03日

今だ信じられない。
意味が分からない。
スキマノザラシのギタリスト・itoigawa氏の突然過ぎる訃報。

京都のアニキ、イトさん。
出会いは、2014年3月。
古田光郷のバンドだった。
メンバーは、古田光郷、大西英雄、Itoigawa、松井里衣。

この2014年の時、私は一人っきりで京都行って。
4泊くらい古田さんの家に泊めさせてもらった。
で、イトさんを含めたメンバーと飲み会やらリハやら、ライブやらライブやら。
怒涛の4日間を過ごしたんよ。
まるで合宿だった。

イトさんとは数えるほどしか一緒に音だしてないけど。
この合宿のような熱く濃厚な日のことは、ホントに物凄く思い入れがあって。
しかも、単身京都に行ってるから、武者修行のような気持ちもあって。
私にとって、とても大切な思い出なんだ。

 

 

また、一緒に音を出す日がくると、ずーっと思ってたけど。

でも、イトさんのギターの音は、私の体の中でも、まだずーっと鳴ってるし。
その音を忘れぬまま、私はこれからも、前に向かって音を出してくよ。

 

今日。

ドラム教室の休憩時間に、訃報を知ったんだ。
全然実感わかないまま、レッスンは最後までやったんだけど。
レッスン後の教室で、ドラムを叩きたくなった。

イトさんに捧げる、と言ったら、とてもおこがましい。
私がイトさんの音を忘れないために、イトさんのことを想ってドラムを叩いたんだ。

そして、その音を録っておこうと思った。
この音を聞けば、いつでもイトさんを思い出せる気がして。


イトさん、安らかにね!
いつかまた、セッションしよう!

box_f
box_h
2017年03月02日
IMG_20170301_234119_956.jpg IMG_20170301_235401_139.jpg

昨日は、未唯さんのライブを見に目黒ブルースアレイへ行ってきたよ。
どうやら、3月1日は「ミイ」の日だったようで。

正月公演でご一緒する時、いつも私は未唯さんの背中を見て演奏してる訳だけど。
客席側から見る未唯さんは、これまた、凛々と美しく、エネルギッシュ&パワフルで、キリッとカッコ良かった!
(ちなみに、背中もとても美しいです。)

さて。
今回はピンクレディーのB面やアルバム曲ばかり演奏する企画「裏ピンク」。
これがなかなか面白企画でさ!

数少ない(らしい)ピンクレディーのバラードや、組曲かって言える激ムズ曲など聞き所満載。
当時の曲って、なんでこんなステキに気の効いた作りになってるんだろか。
しかも、それをバカボン鈴木&鶴谷智生によるテッペキの興奮リズム隊で味わえるとは、なんて贅沢。

宇宙へ旅立つロケット発射カウントダウンの曲(曲名忘れちゃった)、シビれるカッコ良さだったな!

いやはや、とーってもスバラシいステージを満喫したよ!
しかし、
怨み辛みなヘンテコ曲「忠臣グラグラ~」が、一夜明けても頭から離れない。。。

box_f