ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
Monthly
Category
dicography_f
ヒデヲの間
box_h
2014年03月01日

とういわけで。
昨日の夜中、つまり今日の朝まで。
第二回ドラムチャンプロードっての参加してきたよ。

ただ単にドラムを向い合せに二台並べて、一対一でバトルするってだけの至極単純な企画。
それを審査員4人が判断し、勝った人が次のトーナメントへ、という流れ。

しかし、これがさ。
今回、32人参加ってことで。
初戦だけで16試合。

夜中の1時にスタートしたトーナメントが、 1回戦終わっただけで4時…。
全然終わらぬ悪夢のようなこの企画は。
なんだかんだと朝7時まで延々とドラムの音を聞くことになる、超ロング体力勝負イベントであった。

私はというものの、なんやら若者にまみれ、のらりくらりと戦うものの。
朝の6時の体力勝負は、乳酸溜まりすぎて体限界。
準決勝ベスト4進出したものの、そこで敗退したよ。
いや~疲れたのなんの。やっぱこの年齢にはムリのある企画であったなぁ。

さて。
このドラムチャンプロード。
もう、バカバカすぎるくらいテンションバリ高、朝までドラムバカな集い。

“ドラマーだって結構色々考えてるんだぜ”…と、「実はドラマーIQ高い」説を推奨してる私なのだが。
やっぱりドラマーはバカだった、と納得せざるを得ない、IQ低いこの企画。

とはいえ、何気にちょっと面白かったりもしてさ。

結局ほとんど叩かず、ボイスパーカッションするヤツもいたし。
かまし過ぎて、すぐバテるやつもいたし。
ひたすら良いグルーヴを追及してるヤツもいたし
そして、勿論、空条丈太郎の如く、ひたすらオラオララッシュをするヤツもおる。
色んなドラマーのスタイルが見れたは、刺激になったよね!

私と戦った、DAICH君、塚本君、諸石君、みんなステキなドラマー達であったし。
私を負かし、その後優勝を果たしたユージ君は、プレイもセンスもパッションも素晴らしかったねぇ。

私の好きなグルーヴを出してた、テツさん。
名前を忘れたが、瞑想に入りなかなか叩かぬブルースリーみたいな彼。
最後まで、軸がぶれない高速ツーバスプレイのモンジ君。
この3人が妙に印象に残ったなぁ。

あとさ。
決勝戦一つ前の「北斗百烈拳VS北斗百烈拳」みたいなスーパー乱打戦。
もう、週刊少年ジャンプ的ハイテンション炸裂で。
このドラムチャンプロードの魂を物語るサイコーに熱くバカバカしい試合であったよ。

朝7時の電車帰宅が、乳酸たまった体になんとも堪える一夜であったが。
みんなバカで、みんなステキであったよ!
天晴!

<なんとも暑苦しい一対一ドラムバトルの図> 

 

box_f
box_h
2014年02月28日

カルガモーズの余韻に浸ってる場合ではなく。
っつーかそもそも。
昨日はライブの疲れがどっと押し寄せ、体がパンパンで何~にもできんくて。
カルガモの絵を描くので精いっぱいであった。

よ~し!
一日休んだんで、精神力も体力も復活してきたぞい!
いよいよ気持ちを切り替え、誕生日ライブに向け始動!
面白いこといっぱい仕込むから、是非楽しみにしてておくれい!

3月9日(日) 「スペシャルヒデヲの間」@高円寺ジロキチ
お楽しみに~!!
と、準備期間に突入するも。
今日の夜中、いきなりアッパーなイベントに参加しちゃうんだよね。

 

○第二回ドラムチャンプロード@新宿アンチノック

open 24:30  start 25:00 1000 yen

一対一のドラムバトル勝ち抜き戦だとさ。
この年齢になると、バトルすることより朝までドラム叩くことの方が大変。
眠気との戦いだ。。。

 

box_f
box_h
2014年02月27日

昨日の仙波清彦&カルガモーズ@銀座ヤマハスタジオ、無事終了さ!

いやー楽しかった!
ちょっと凄かった!

1曲目、総勢28人がオールインする瞬間の大興奮。
ミラクルジャムのハヤイノヨ。
いてまえ打線のキングクリムゾン。
打楽器だけのスーンとした緊張感。
客席オールスタンディングアンコール。

音と音が交錯する快感。
リズム大洪水の中の、妙に凛とした空気感。
ロマンを感じる大団円。

仙波師匠が洒落ではなった「ストーンズよりこっちの方が面白いぜ」ってな、ギリギリなセリフ。
アンコールの時、思わず、本当にそう思いながらドラム叩いちまった。

今回、カルガモーズの一員であることを本当に誇りに思ったよ。
こんなにもエグくて、潔くてギンギンで、強烈にハッピーなバンドなかなか無いよ!

カルガモーズ万歳!

 

<史上最多・総勢28人カルガモーズの図>

全員いるかな??(案の定、最初タブラを抜かしてた…。)

box_f
box_h
2014年02月25日

いよいよ明日、仙波清彦&カルガモーズ@銀座ヤマハスタジオだ!

こんなお洒落なタウンで、爆音カルガモーズライブをやっちゃっていいんだろうか??
うーん、凄まじいことになりそうだ!

という訳で、今日は現地にてリハーサルさ。

これでホントに伝わるのか??…ってくらいアナログ感満載のセッティング表。

 

これが。
なんとも華々しく生まれ変わり、こうなっただよ!


(バイオリン高橋香織による、凄く気の利いた写真)

さーて。
濃厚リハを経て、とんでもなく面白いライブになりそな予感!
明日の銀座カルガモ、是非体感あれ!!
当日券、12枚だけ売るってよ!

box_f
box_h
2014年02月24日

先日の、空の青み<不埒ライフ×いとうまく×藤井政英×大西英雄>@四ツ谷アウトブレイク
このライブ写真が、なんだかとんでもない世界観になっちゃってるんだよねぇ!
ちょっと見てみてよ!


「photo by macoto fukuda」

なんだか、スゴい…。

box_f
box_h
2014年02月21日
140221_151414.jpg 140221_175746.jpg

昨日の夜中は、タナリューと二人リハ。
しかも朝まで…。

昼間に、なんとなく一人ドラムリハ。
鈍ってたんで…。

夕方に、カルガモーズのハセ君と二人リハ。
ツインドラムの宿題が残ってて…。

で、夜は四ツ谷アウトブレイクでライブなのさ。
メンバーほとんど、はじめまして…。

なんだかだかだか、だかとん。

box_f
box_h
2014年02月16日

という訳で。
ちょっと時間経っちゃったけど。
「ヒデヲと対(つい)」第四弾:大西英雄×斎藤孝太郎@西荻窪クラップクラップ。
なんとか無事終了したよ!

チェロとドラム二人で何ができるか、って音楽的なチャレンジそっちのけ。
ただひたすら、やりたい曲とやりたい事をやり切ったライブであったよ。
いや~清々しいね。

あの大雪の中、ここまで熱く本気にバカバカしいことできたのは嬉しかったな。
2/14にしかできないバレンタインナンバーは、バカバカし過ぎだし。
ハンセン入場テーマは、石橋貴明が暴れてる絵が浮かんで超テンション上がるし。
三沢の入場テーマは、ジャッキーチェンのスパルタンXだし。
こっそりニトロンとアンクルボーイの曲もやったし。
もう、男子校のノリだよね。これ。

それにしてもさ。
普通だったら中止にすべきくらい大雪だった日に、がっつり見に来てくれたお客さま。
本当にありがとうね!
こんな好き勝手な事やってるのに、暖かく見守ってもらえるのは、ホント嬉しいかぎり。
これからも、バカバカしいことを続けていくんで、よろしくね!

とはいえ。
「ヒデヲと対」4回やったうちの2回が大台風と大雪って。
物凄い確率だよな。
次回は、誰が被害にあうのだろか。。。

photo by よっしー

box_f
box_h
2014年02月15日

いやはや。
西荻窪クラップクラップから、無事帰還!

長旅であった。2・5倍くらいの時間かかった。
しかも駅からスネアのカートひっぱりながらの帰路、シビレタ。。。

ともあれ。
今日のヒデヲと対:斎藤孝太郎編。
大雪の中強行したライブに足を運んでくれた皆さま。
ホントにホントにありがとう!
感謝感激であります!
皆さま、無事家には着いてますか??
風などひかぬよう、暖かくしてお休みくださいませ!


なんてラーメンって美味いんだろうかっはぁ~。

box_f
box_h
2014年02月14日
140214_142004.jpg

いやはや凄い雪だね〜!

でもさ。
ヒデヲと対@西荻窪クラップクラップ。
やるよぉぉ〜!

今日のライブはさ。
頑張って来てくれた人達に向けて、全身全霊で熱い音を出すよ!

雪の中、頑張って見にきた甲斐があったって思えるような、伝説なバカライブをやってみせる!

皆様。
くれぐれも無理をなさらず!
でも、無理をしてでも来て欲しい!

どうしても断念する方は、気だけでも参加して下さいな。
そして、気合いで参加する方は、くれぐれも気を付けて暖かい格好で!

では。
ヒデヲと対:斎藤孝太郎編@西荻窪クラップクラップ。
20時にお待ちしております。

box_f
box_h
2014年02月14日
140214_012559.jpg

今日のドラドラベーは、なかなかスリリングで楽しかった!
まさにライブな興奮だったなぁ。

思わず。
かき玉蕎麦で家打ち上げさ。

っつー訳で。
いよいよ明日だ!

「ヒデヲと対」大西英雄×斎藤孝太郎。
チェロとドラムで何ができるのか?
うーん楽しみ!

今日の勢いを繋げて、明日もバッコシいくぜい!
よーし!

box_f