ブログ「ヒデヲの間」
discography_h
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
Monthly
Category
dicography_f
ヒデヲの間
box_h
2016年04月05日

なかなかの飲み会。

先日の日曜、昼呑み@渋谷山家。
なんと、TEGWONのオリジナルメンバー6人大集結!!
ナッツ、私、クニ、カッちゃん、ジュン、モリヤン。

渋谷駅前の交番で待ち合わせるという、なんとも言えぬ空気感で再会。
うぉ~、超久しぶりだよ!
何年ぶりだ???
みんなオッサンになったが、ある意味全然変わってないな。

もう、10年以上前に結成してることになるんだろな。
私がバンドマンとして、本気で音楽やった最初のバンド・テグオン。
みんなで、ギリギリまでせめぎ合いながら、死ぬ気で音を追及してた。
あん時の経験が体にあるから、私は今でもブレずに音楽やってんだと思うんだよな。
だから、私ん中でもとびきりなバンドなんだよね。

テグオンのメンバーとは、音楽的に意気投合したとかじゃなくてさ。
ただ、気が合う奴らだった。
男子校体育会系の部活みてーに音楽やって、バカな話やバカなことばっかしてた。
ライブはいつもギリギリだったし、喧嘩もしたし、でも、サイコーな経験もいっぱいしたよ!

久々再会するも、みんな全然変わってなくてさ。
髪が白くなってようが、髭が白くなってようが、顔が土気色だろうが。
人からでる「気」は、完全に前と一緒でさ。
もう、バカばっかり。
会話は昔のままで、グルーヴしまくっており。
今思い返しても全く思出せない、全く内容のないバカ話しは尽きなかったのであったのさ。


一番頑張ったとの噂も高い、当時のテグオンのマネージャー・サトシも合流。


実の無いバカ話は尽きず。


この光景も、超久しぶり。。。

box_f
box_h
2016年03月31日

そうそう、先日。
高円寺に松井智恵美絵画展。

京都在住の彼女は、藤井裕さんの絵とかジャケ絵とかDOGONのジャケ絵とか描いててさ。
やっぱ、ジャケの絵って興奮するよね。
絵と音とが交錯する瞬間だもんな。
なんか燃える。そして萌える。
そしてさらに、
壮大な「EARTH」って絵と「ドラムじいちゃん」の絵がステキでありました!

とっても硬派な味なコーヒーが美味であったカフェ クロスポイントもステキ場所で。
楽しい夜であったよ!


京都以来、久々再会なチエミさんと、「ドラムじいちゃん」の前で。 

はてさて。
そんなわけで。
脈絡はないが、明日は久々のバミューダ―ス。
なんだかとても楽しみなのであります!!

〇4月01日(金) バミューダース@荻窪ルースターノースサイド

Blues’n Blues!!

OPEN 19:00/START 19:30 CHARGE:1800円+オーダー
出演:
●松井洋佑(vo,g)
●In the air…蓑部隆康(vo,g) 熊谷東吾(b)  support…川口雄司(ds)
●バミューダース…和田直樹(vo,g) 高宮博史(b) 大西英雄(ds)

※バミューダ―スの出演は、21時10分ぐらいから

http://www.ogikubo-rooster.com/north/

 

box_f
box_h
2016年03月28日

昨日は、
私の一人っきりアルバム「ヒデヲの間」レコーディングプロジェクト、ミックス第二弾であったよ。

声とドラムだけで、はたしてどんなアルバムができてしまうのか??
いよいよ全貌がはっきりしてきたよ。
エンジニア・ウネちゃん、見とどけ人円山天使さんとの3人の作業も大詰め。
全曲のミックスを終え、かなりヤバい内容になってきた。

キレッキレの「うし」、魅惑の「やさい」。
さらには意味不明にドラムを5回も重ねた「ファットボーイ」

なかなかの面白さ!
いや~、楽しみである!

box_f
box_h
2016年03月23日

水族館にて。
水槽のお兄さんと、黄色い魚がランデブーの図。

で。
全然関係ない話。

15分300円のタイムズ駐車場で。
31分車とめたら、900円だった。

まぁ、確かに計算はキチっとあってるんだけど。
31分で900円って、なかなかだ。

box_f
box_h
2016年03月14日

バンコクって略すとBKKなんだね。
BKKって言われると、なんとはなしに、怖い感じがする。

ところで。
昨日は、下北沢に近藤十四朗氏のバンド・続・荒野の水槽楽団を見に行ってきたよ。
メールで行きたい旨を伝えたら、「来なくていいです」って言われたんだけど、行ってきた!

いや~、ステキなライブであった!
こうじゃなくっちゃ!って事満載の、ちょい辛でキュートなバンド。
痒いとこに手がとどく、実は超絶に独創的な、絵本の中のような世界観。
まぁ、かなり大人の絵本ですけど…。
初見のカトマンズの、アフリカ大好き小旅行ライブもなかなかに楽し!
たっぷりと酒がウマしな夜であったよ。
ものごっつ楽しかったぜい!

さて。
そんな熱い一夜を過ごしたライブハウスが、下北沢のラウンってとこだったんだが。

マスターがどこかで会ったことあるなって思ったら、なんと、昔スウィングバンブースタジオを経営してた吉田さんの出した店であった。
スウィングバンブースタジオは、私がやっていたTEGWONもNITORONもレコーディングしたとこ。
もう、自分の音楽生活では超重要な経験を沢山したスタジオだよ。

っつーわけで、
この絶妙すぎる縁で再会したマスターがやってる下北沢ラウン。
私、ここにとても出演したいです!!
かなりアコースティックな小音量ライブ(ただし音は超良い)を一緒にやってくれる方、大大大募集中!!!

 

さてさてさて。
ちなみに、昨日、サンダウンビレッジバンドのCDを入手したよ。

渾身の4曲が入ったアルバム。
暑~い夏に、窓あけた車を運転しながら大音量で聞きたいね!
CDの似顔絵もサイコー。黄色だしね!
こっそり3曲目ファンだ。

box_f
box_h
2016年03月11日

ヒデヲパルーザの事や誕生日の事や、色々書きたいことあるんだが。

その前に、緊急な速報~す!
NHKのEテレの番組「ムジカピッコリーノ」に、私がちょこっと出演した回が2年半ぶりに再放送でーす!

もう2年半前になるんですな。
我らが変拍子番長ドラマー・オイラー小林武文のもと、山本達久、谷口ジャイアン、大西英雄、上原なな江という打楽器メンバーが集結し。
炎天下の公園にて、ポリリズムを演奏しておりますよ!

ちなみに、私は、「ポ」担当。

是非是非、ごらんあれ~!

〇ムジカ・ピッコリーノ「リズム・リズム・リズム」再放送

3月11日(金)
午後5時35分~午後5時45分
3月12日(土)
午前8時25分~午前8時35分

box_f
box_h
2016年03月10日

いやーーーーーー!
猛烈に楽しかった!楽しすぎた!
かんぱい!

大西英雄誕生日記念「ヒデヲパルーザ」@新宿ワイルドサイドトウキョウ、から無事帰還!
サイコーなイベントだったぜい!
みんなステキにありがとう!
アイシテマス!

box_f
box_h
2016年02月29日

映画館にて。
とある新作映画の予告編の中で、「ジェイクギレンホール」って名前がでてきた。

私は、昔っからジェイクギレンホールって人が誰なのか分からない。
顔が全然浮かばない。
飯田橋にギンレイホールって映画館あるのが、拍車をかけて紛らわしいし。

画面に登場した時に、
「そうだす、私が、ジェイクギレンホールだす」
とか、本人が言ってくれれば分かるんだが。
どうにも覚えられん。

そもそも。
男か女なのかすらも分かっていない。

…とかなんとか思ってるうちに、待望の映画本編が始まり。
時間も忘れ、映画に没頭し白熱し。
感動を噛み締めながらのエンドロールを見てたら…ヤツはいた。

ジェイクギレンホール。

なんと、私の映画の中にもジェイクいたのだ。

いよいよ誰だ、ジェイクギレンホール。
どこの誰なんだ、ジェイク。

 

想像のジェイクギレンホール。

box_f
box_h
2016年02月27日

昨日は、荻窪ルースターノースサイドへ。
和田直樹g不破大輔eb立花秀輝as松本卓也ss菱沼尚生tub藤掛正隆ds、というメンバー。

不破大輔&渋さ知らズの軍団を従えて、和田直樹がブルースをやるって言うからさ、そりゃ見届けねば、ってね。

したら。
「せっかくなら叩きませぬか?店にある打楽器何か出しときますよ」って話になり。
んじゃやりますか、と店に到着すると。
用意してあったのは、タムの太鼓一つとシンバル一枚。
う~、渋い!

そんな情況で、何やるかも分からぬまま、2ステージがっつりと参加させて貰ったよ。
タム一個で出せる音、私が思い付く限り全部出しつくしたなぁ!
もう、ルースターノースサイドのハイタムに、妙な愛さえ芽生えた気がするよ。

ステキなライブの中での面白経験。
なんだかんだと、無茶苦茶楽しかった!
みなさまありがとう~。


 

box_f
box_h
2016年02月24日
  160223_222111.jpg

昨日は、恵比寿CreAtoってとこに、濃厚即興ライブを見に行ってきたよ。

オータコージとtoeの柏倉隆史によるツインドラム。
ベースに守家巧、ポエトリーリーディングな山崎円城。
そして、ギターに我らが白井良明。
…といった、不思議かつ豪華なメンツ。

エグすぎるグルーヴあり、ギリギリの緊張感あり、オシャレあり、クスっと小笑いあり、映画的シーンあり、美しすぎ景色あり、昇天なドラマあり。
な、超刺激になるステキライブでありました。

良明さんが入ると、即興もさ、ポップでお洒落になっちゃうんだな。 ジャムじゃなく曲だったよ。
さらに、私の中では。 円城氏のポエトリーリーディングの域を越えた情感と空気感抜群のパフォーマンスが、どツボでありまし〜た。
あー なんともデンジャーなセッションなのに、気持ち良い音に溢れてたなぁ。

ちなみに写真は。 閉店間際時代の在りし日の渋谷東急プラザ。
と、すっかりさら地になっちゃった東急プラザ跡。

box_f